2007年06月12日(火曜日)

軟らかい動きの子どもロボット「CB2(スクエア)」

スポンサーリンク

前略、 ぼちぼち、電車内で隣のオヤジと素肌が触れ合うイヤな季節になってきましたねぇ。 の館長です。

だから、電車内ではなるべく長袖を着ていたいんです。
布一枚でも隔てたいんです、オヤジとは。 僕もオヤジですが。
いや、僕がオヤジだからこそ、他のオヤジとは接触しないほうがいいと思うんです。
変な化学反応を起こしそう。
酸素系ノネナールと塩素系ノネナールは混ぜると危険。

 

またまた今ごろになってこんな話を持ち出してこ申し訳ございませんけれども…。

「泣く子も黙る」ならぬ、「黙ってる子も泣く」、そんなロボットだと思うんだけど、いかが?

そりゃあ、この技術の素晴らしさは分かります。
けど、どのニュース見ても、正直言って怖い。

■ asahi.com:軟らかい動きの子どもロボット 阪大グループが開発


まるで人間の赤ちゃんのような柔らかい動きをする子ども型ロボットを、大阪大工学研究科の浅田稔教授や石黒浩教授らのグループが開発し、1日、公開した。学習機能ソフトの搭載も可能で、グループは「長期的には言葉や歩行の習得にも挑戦させたい」としている。
1〜2歳の幼児くらいの機能を持つヒューマノイドロボット「CB2(スクエア)」。身長約130センチ、体重33キロで、シリコーン製の柔らかな皮膚で覆われている。
 空気圧で動く56カ所の駆動装置が筋肉代わり。体の表面には197個の触覚センサーが内蔵され、視覚にあたるカメラや聴覚センサーも備わっている。肩をたたくと驚いたようにまばたきして動きを止め、視線を動かして振り向く。おもちゃを目の前でかざすと、これを取ろうとして一生懸命寝返りを試みる様子も。のどには人工声帯もついており、時折「あー、あー」と声も出す。
 石黒教授は「ロボットが学習する様子は、人間の発達を理解する手助けになる。その研究成果をロボットの開発に還元したい」と話している。



■ YOMIURI ONLINE(読売新聞)


■ 北海道新聞


■ FujiSankei Business i(フジサンケイ ビジネスアイ)


CB2(スクエア)


見つめて
怖いよぉ。



CB2(スクエア)


寝転んで
怖いよぉ。



CB2(スクエア)


頭光って
怖いよぉ。



CB2(スクエア)


帽子がイカしてて
怖いよぉ。



CB2(スクエア)


脱力してて
怖いよぉ。



CB2(スクエア)


なんか疲れてて
怖いよぉ。



CB2(スクエア)


心ここに在らずで
怖いよぉ。








で、上のロボットとはまた違うんだけど、

■ 入力した言葉に応じ表情変えるロボット、大学で開発


明治大学理工学部のロボット科学研究室で、入力した言葉に応じて36種類にのぼる人間の表情をあらわせるロボットが開発された。
このロボットは、50万語登録してあるデータベースに接続されており、英語で単語を入力すると、その単語が持つ要素の中から感情をあらわす情報が顔の裏側に取り付けられたモーターに伝わって、表情を作り出す。


キャプチャ





なんか、これもやっぱり怖いよぉぉ。
表情変えるロボット
 
 
ひで爺
中学ん時の友達に似てる…。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク
投稿者:館長 | 軟らかい動きの子どもロボット「CB2(スクエア)」
2007年06月12日(火曜日)
■コメントを投稿する | トラックバック (0) | EDIT


■コメントフォーム

軟らかい動きの子どもロボット「CB2(スクエア)」
―― へのコメント。
コメントはこのブログではなくロビー(BBS)に投稿されます。
1回投稿するとコメント以外が60日間Cookieに保存されます。
保存はされますが見た目だけは各欄が空欄のままになります。
お名前のみが必須記入事項です。あとは空欄で構いません。
コメントに「http://」を書くと投稿不可です。(スパム防止)
コメントにURLを書く時は「http://」無しで書いてください。
※ メールアドレスは公表されませんのでご安心ください。

お名前
Mail
URL
都道府県
お手数かけますが、スパム防止策です。
○○の部分をひらがなで書いてください。
♪夕焼けこやけの○○とんぼ
コメント
※送信するとBBSページが開きます。


■この記事のトラックバックURL:



ご注意:トラックバックを送信してもすぐにはこの記事に反映されませんが、このページに反映されれば成功です。
■トラックバック
トゥイッター
(カッコよく言ってみました)
最近の人気記事TOP10
スポンサード・リンク

最近の記事じゃ
月別の記事じゃ
▼ クリックで開閉
▲ クリックで開閉
古山館
(館長の祖父の篆刻作品集)
古山館
ひで爺 心の詩
ひで爺 心の詩
※クリックで当該記事へ
私のお墓の前で
○○ないでください
伝言くん
館長へのメール
名前
Mail
性別 女性  男性
都道
府県
伝言
すべての欄にご記入ください。
送信ボタン押すと新ウインドウが開きます。
正常送信されますとご自分にも自動返信が届きます。
ご自分にメールが届かない時は館長にも届いておりませんので、もう一度お送りくださるようお願いいたします。
ブログパーツ