2008年07月07日(月曜日)

漫画家・西原理恵子 アルコール依存症の夫と生きて。

スポンサーリンク

前略、 酸いも甘いもお他人様次第。 の館長です。


まったく、自分の感情というものは、自分以外の他人様によってかなり振り回されるもんですねぇ。

社内でも、誰か一人に大いにガッカリさせられたかと思えば、一方では別の誰かに大いに喜ばせてもらったり。

とりあえず、その喜びを栄養にして、今日半日と明日の午前中くらいはもちそうです。

 

そんな、気持の揺らぎがちょっと大きい日に限ってこういうものを見せられてしまったので、余計にきます。

胸に迫るものがありました。
泣けました。

■ 福祉ネットワーク「この人と福祉を語ろう〜漫画家・西原理恵子」アルコール依存症の夫と生きて
080703saibara_s.jpg

漫画家の西原理恵子さんが「アルコール依存症」の家族と向き合った経験を語る。
西原さんの元夫は、昨年3月に腎臓がんで亡くなったフリージャーナリストの鴨志田穣さん。
酒浸りの鴨志田さんとの6年余りの結婚生活は、葛藤(かっとう)の日々だった。
離婚後、初めて彼女は彼がアルコール依存症で治療が必要な病だったと気付いた。
そして、酒をやめて末期がんと闘う鴨志田さんをパートナーとしてみとった。





西原理恵子 アルコール依存症の夫と生きて

子供を傷つけずにすんだ。

人として死ねることがうれしい。





こんなセリフが、悲しすぎたり、せめてもの救いだったり…。

なんというか、ありふれた言葉ですけど、やっぱりもっと毎日を大事に生きなくてはいけませんね。

ひで爺
だからさ、ちゃんとしようよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク
投稿者:館長 | 漫画家・西原理恵子 アルコール依存症の夫と生きて。
2008年07月07日(月曜日)
■コメントを投稿する | トラックバック (0) | EDIT


■コメントフォーム

漫画家・西原理恵子 アルコール依存症の夫と生きて。
―― へのコメント。
コメントはこのブログではなくロビー(BBS)に投稿されます。
1回投稿するとコメント以外が60日間Cookieに保存されます。
保存はされますが見た目だけは各欄が空欄のままになります。
お名前のみが必須記入事項です。あとは空欄で構いません。
コメントに「http://」を書くと投稿不可です。(スパム防止)
コメントにURLを書く時は「http://」無しで書いてください。
※ メールアドレスは公表されませんのでご安心ください。

お名前
Mail
URL
都道府県
お手数かけますが、スパム防止策です。
○○の部分をひらがなで書いてください。
♪夕焼けこやけの○○とんぼ
コメント
※送信するとBBSページが開きます。


■この記事のトラックバックURL:



ご注意:トラックバックを送信してもすぐにはこの記事に反映されませんが、このページに反映されれば成功です。
■トラックバック
トゥイッター
(カッコよく言ってみました)
最近の人気記事TOP10
スポンサード・リンク

最近の記事じゃ
月別の記事じゃ
▼ クリックで開閉
▲ クリックで開閉
古山館
(館長の祖父の篆刻作品集)
古山館
ひで爺 心の詩
ひで爺 心の詩
※クリックで当該記事へ
私のお墓の前で
○○ないでください
伝言くん
館長へのメール
名前
Mail
性別 女性  男性
都道
府県
伝言
すべての欄にご記入ください。
送信ボタン押すと新ウインドウが開きます。
正常送信されますとご自分にも自動返信が届きます。
ご自分にメールが届かない時は館長にも届いておりませんので、もう一度お送りくださるようお願いいたします。
ブログパーツ