2009年01月30日(金曜日)

「まことちゃんハウス」は、建築の本の表紙になるほど真っ当だったんだ。

スポンサーリンク

 
前略、 けっこうキレイに「グワシ」ができるもんだから、気味悪がられておりますところの館長です。


例の「まことちゃんハウス」の裁判は、かなり物議を醸しておりましたね。


■ 「まことちゃんハウス」景観訴訟 近隣住民の請求棄却
まことちゃんハウス

漫画家の楳図(うめず)かずおさん(72)が東京都武蔵野市に建てた「まことちゃんハウス」と呼ばれる自宅をめぐり、近隣住民2人が「外壁が赤白のしま模様で、景観を破壊する」として外壁部分の撤去などを求めた訴訟で、東京地裁は28日、住民の請求を棄却する判決を言い渡した。

※リンク切れのとき→キャプチャ


ネット上を見ますと、僕の印象としては、楳図さん擁護派のほうが多い感じです。

いや、「楳図さんに共感する」というよりも、「訴えた住民2人に共感できない」人たちが多いという印象。

僕個人としましては、あの家は許容範囲内です。

人様がせっせと稼いで自分で建てた家ですから、ある程度はやりたいようにやっちゃって結構、といった感じ。


今回の裁判で僕が何よりイヤだと思ったのは、住民側の弁護士が会見で言ってた、

「見たくないものを見ないで済むという権利がある」

といった意味合いの言葉でした。

そんなこと言い出したらキリが無いですよ。

逆に楳図さんがその住民のおばちゃんの顔を見たくないって言ったら、「見たくないものを見ないで済むという権利がある」と言ってくださるんですかねぇ?

 

さて、それはともかく……

この問題の「まことちゃんハウス」って、実は至極真っ当な建築物ってこと? と思わされる建築の本がございました。


■ Amazon.co.jp:建築知識 2009年 01月号
20090130181338

建築に関する技術情報をテーマ別に特集

※クリックして1月号をご覧ください。



ひで爺
この時期にこの柄は、狙ってるよね?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク
投稿者:館長 | 「まことちゃんハウス」は、建築の本の表紙になるほど真っ当だったんだ。
2009年01月30日(金曜日)
■コメントを投稿する | トラックバック (0) | EDIT


■コメントフォーム

「まことちゃんハウス」は、建築の本の表紙になるほど真っ当だったんだ。
―― へのコメント。
コメントはこのブログではなくロビー(BBS)に投稿されます。
1回投稿するとコメント以外が60日間Cookieに保存されます。
保存はされますが見た目だけは各欄が空欄のままになります。
お名前のみが必須記入事項です。あとは空欄で構いません。
コメントに「http://」を書くと投稿不可です。(スパム防止)
コメントにURLを書く時は「http://」無しで書いてください。
※ メールアドレスは公表されませんのでご安心ください。

お名前
Mail
URL
都道府県
お手数かけますが、スパム防止策です。
○○の部分をひらがなで書いてください。
♪夕焼けこやけの○○とんぼ
コメント
※送信するとBBSページが開きます。


■この記事のトラックバックURL:



ご注意:トラックバックを送信してもすぐにはこの記事に反映されませんが、このページに反映されれば成功です。
■トラックバック
トゥイッター
(カッコよく言ってみました)
最近の人気記事TOP10
スポンサード・リンク

最近の記事じゃ
月別の記事じゃ
▼ クリックで開閉
▲ クリックで開閉
古山館
(館長の祖父の篆刻作品集)
古山館
ひで爺 心の詩
ひで爺 心の詩
※クリックで当該記事へ
私のお墓の前で
○○ないでください
伝言くん
館長へのメール
名前
Mail
性別 女性  男性
都道
府県
伝言
すべての欄にご記入ください。
送信ボタン押すと新ウインドウが開きます。
正常送信されますとご自分にも自動返信が届きます。
ご自分にメールが届かない時は館長にも届いておりませんので、もう一度お送りくださるようお願いいたします。
ブログパーツ