2011年06月24日(金曜日)

我が子をスキナー化するのか? 泣いてるのを無視しちゃダメか?

スポンサーリンク

前略


関根麻里みたいな娘が欲しかったです。 の館長です。


テレビで言ってましたけど、関根麻里は中一まで父の勤と一緒に風呂入ってて、今でも物理的に許せば(風呂の大きさとか)、一緒に入ってもいいんですって。

まぁ、そうは言っても麻里とて26歳のいい娘。

麻里が良くたって、勤は困っちゃうでしょうねぇ。

実際に入る入らないでなく、そう言えるような父娘関係っていうのは憧れますね。

 


さて、古い話で恐縮ですが(いつものこととも言いますが)、まずこれを読んだとき、なんとも言えない違和感を覚えたのでした。

■ 娘を「スキナー化」しました

スキナー化というのはつまり、寝る前に泣きわめく声量が日に日に増してくる娘を、放置して泣き止ませるという戦略をとってみただけです。
ま、ドア越しに気をもみつつ様子を見守っている間抜けな両親がうろうろしていたわけですが、それでも抱き上げたりあやしたりは一切しない。
すると、驚いたことに、日に日に声量は下がり、4日目にして全く泣かなくなりました。
ベッドに置いたとたん、指をしゃぶってそのまま寝入ってしまうのです。
狙った結果ではありましたが、やっぱり驚きです。Skinnerすごいな。

僕には子供がいませんし専門知識も無いですから、これが正しいか間違いかは分かりませんが、ただ、自分ならこうはしないな、とは思ったのでした。

もっとはっきり言っちゃえば、こんな親はイヤだな、と……。

僕だったら、犬や猫が相手でもこのようにはしないので、まして我が子に対してこんな行動は取れないです。


結局この人たち、娘がおとなしく寝たら野球中継だし……。




で、上記の記事に対して、やはり反論がありました。

■ 赤ちゃんが泣いてるのを無視しちゃ駄目です

それは、間違っています。

(中略)

これによると、たしかに子どもが泣いたときに放っておけばそのうち泣かなくなるが、それは「忍耐づよい、現実認識がしっかりした、かしこい」赤ちゃんになるのではなく、「困難に対して早くギブアップする」子になるということだそうです。

こちらにしても、正しいかどうかなんて分からないです。

でも、自分にとってはこちらの意見のほうが心から馴染めます。

最初の記事で覚えた違和感に納得がいき、なんだか救われた気分になりました。


もっとも、最初の記事は内容の可否以前に、“ 娘を「スキナー化」しました ”という表現だけでも鳥肌が立つので、はなからこの記事とは相性が悪かったんでしょう。


「スキナー化」された娘さんが、何事もなくすくすくと成長されることを祈ってやみません。


そして僕は、赤ちゃんが泣いてるのを無視しない親になって、関根麻里のような娘に育て上げたいと思います。


ひで爺
何度も言うけど、その前に嫁だっつーの。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク
投稿者:館長 | 我が子をスキナー化するのか? 泣いてるのを無視しちゃダメか?
2011年06月24日(金曜日)
■コメントを投稿する | トラックバック (0) | EDIT


■コメントフォーム

我が子をスキナー化するのか? 泣いてるのを無視しちゃダメか?
―― へのコメント。
コメントはこのブログではなくロビー(BBS)に投稿されます。
1回投稿するとコメント以外が60日間Cookieに保存されます。
保存はされますが見た目だけは各欄が空欄のままになります。
お名前のみが必須記入事項です。あとは空欄で構いません。
コメントに「http://」を書くと投稿不可です。(スパム防止)
コメントにURLを書く時は「http://」無しで書いてください。
※ メールアドレスは公表されませんのでご安心ください。

お名前
Mail
URL
都道府県
お手数かけますが、スパム防止策です。
○○の部分をひらがなで書いてください。
♪夕焼けこやけの○○とんぼ
コメント
※送信するとBBSページが開きます。


■この記事のトラックバックURL:



ご注意:トラックバックを送信してもすぐにはこの記事に反映されませんが、このページに反映されれば成功です。
■トラックバック
トゥイッター
(カッコよく言ってみました)
最近の人気記事TOP10
スポンサード・リンク

最近の記事じゃ
月別の記事じゃ
▼ クリックで開閉
▲ クリックで開閉
古山館
(館長の祖父の篆刻作品集)
古山館
ひで爺 心の詩
ひで爺 心の詩
※クリックで当該記事へ
私のお墓の前で
○○ないでください
伝言くん
館長へのメール
名前
Mail
性別 女性  男性
都道
府県
伝言
すべての欄にご記入ください。
送信ボタン押すと新ウインドウが開きます。
正常送信されますとご自分にも自動返信が届きます。
ご自分にメールが届かない時は館長にも届いておりませんので、もう一度お送りくださるようお願いいたします。
ブログパーツ