2006年04月08日(土曜日)

四谷「石響」でうさぎさんのライブ。

スポンサーリンク

前略、 こう見えても音楽にはうるさいんだよ! いえ、僕の音楽がうるさいんだよ! の館長です。

昨日は、先日の美味しい韓国料理店を紹介してくださったうさぎさんのライブを聴きに、四谷の「石響(しゃっきょう)」というところ行きました。

RabiSari
うさぎさん属する「RabiSari(ラビィサリ)」と「Otoasobi」のジョイントライブ。
【RabiSari】
・うさぎさん(ボーカル)
・和田啓さん(パーカッション)
・常味裕司さん(ウード Oud)

うさぎさんの歌声を聴くのはこれで2度目。
なんであんな声が出るのだ!? と思うくらい、心に染み渡る歌声です。
和田さんのパーカッションも、様々な楽器を様々な奏法で聴かせてくれて楽しいし、常味さんのウードはこの「RabiSari」ぐらいでしか聴けない貴重な響き。

すごいよなぁ、ふんと、ミュージシャンってのは。

お客さんを送るうさぎさんたち
終わって、お客さんを送るうさぎさんたち。

終わったあとは、かおりはん、kuriさん、junさん、けさじはん方二名と飲み屋へ。
会社の納会が終わったにょいっちも駆けつけ、またまた大笑いの宴会。
楽しすぎた。 皆様ありがとうございました。


さて、ミュージシャンといえば…。
男子なら一度はやるように、僕だって若い頃はバンド組んでいい気になったりしたもので、将来は武道館の管理人室くらいは満杯にできるような立派なミュージシャンになろうとか、無謀な夢を抱いたものです。

でもね、やっぱり実際にミュージシャンに触れてみると分かるのですが、彼らは僕のような普通の人間とは完全に違いますよね。
人間が違う。 というより、人間じゃない。 楽器だ。 ミュージシャンは楽器だ。 音を奏でるようにできてる。 そういうふうにできてる

そんなふうにつくづく思うと同時に、こんな自分が一瞬でもミュージシャンになろうだなんて思ったことが、罪にさえ思えてきます。

武道館の管理人室なんておこがましい。 管理人室のトイレくらいにしとこう。

つーか、武道館に管理人室はあるの??
 
 
ひで爺
ミュージシャンどころか、武道館の管理人さえ無理。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク
投稿者:館長 | 四谷「石響」でうさぎさんのライブ。
2006年04月08日(土曜日)
■コメントを投稿する | トラックバック (0) | EDIT


■コメントフォーム

四谷「石響」でうさぎさんのライブ。
―― へのコメント。
コメントはこのブログではなくロビー(BBS)に投稿されます。
1回投稿するとコメント以外が60日間Cookieに保存されます。
保存はされますが見た目だけは各欄が空欄のままになります。
お名前のみが必須記入事項です。あとは空欄で構いません。
コメントに「http://」を書くと投稿不可です。(スパム防止)
コメントにURLを書く時は「http://」無しで書いてください。
※ メールアドレスは公表されませんのでご安心ください。

お名前
Mail
URL
都道府県
お手数かけますが、スパム防止策です。
○○の部分をひらがなで書いてください。
♪夕焼けこやけの○○とんぼ
コメント
※送信するとBBSページが開きます。


■この記事のトラックバックURL:



ご注意:トラックバックを送信してもすぐにはこの記事に反映されませんが、このページに反映されれば成功です。
■トラックバック
トゥイッター
(カッコよく言ってみました)
最近の人気記事TOP10
スポンサード・リンク

最近の記事じゃ
月別の記事じゃ
▼ クリックで開閉
▲ クリックで開閉
古山館
(館長の祖父の篆刻作品集)
古山館
ひで爺 心の詩
ひで爺 心の詩
※クリックで当該記事へ
私のお墓の前で
○○ないでください
伝言くん
館長へのメール
名前
Mail
性別 女性  男性
都道
府県
伝言
すべての欄にご記入ください。
送信ボタン押すと新ウインドウが開きます。
正常送信されますとご自分にも自動返信が届きます。
ご自分にメールが届かない時は館長にも届いておりませんので、もう一度お送りくださるようお願いいたします。
ブログパーツ