2007年07月05日(木曜日)

「2ちゃんねる」も「さおだけ屋」もなぜ潰れないのか?

スポンサーリンク

前略、 潰れぬなら 潰してみしょう さおだけ屋……字余りの館長です。


「2ちゃんねるはなぜ潰れないのか?」という本がけっこう人気のようですね。 そうですね。


2ちゃんねるはなぜ潰れないのか?
僕はいまだに2ちゃんの使い方つーか見方が分からないので、検索で引っかかった時や、どこかで紹介されているもの以外はまったく見ません。

以前ほどは2ちゃんに対する嫌悪感みたいなものは無くなり、面白いものは面白いと思えるところまで成長しましたが、独特の用語・言い回しには、やはりまだ拒絶反応が出てしまいます。

でも、ひろゆき(彼のことは呼び捨てでもいいんですよね?)には興味がたっぷりあったので、この本のことも機会があったら見てみたいと思ってました。

で、本日、出先のIT企業もどきの会社にこの本があったんで、待ち時間にちょこっと読んでみました。


本のタイトルでもある「2ちゃんねるはなぜ潰れないのか?」という問いに対しては、いきなり冒頭部分で答えられています。

自分(ひろゆき)が逮捕されて、2ちゃんの管理が外国に移れば、現在のような対応はできなくなり、余計に状態は悪化する。 だから自分を逮捕しないほうがいいんじゃないの?

――といった感じ。(かなり端折りますが)

 

ま、それはさておき、「2ちゃんねるはなぜ潰れないのか?」でみんな思い出すのは、

さおだけ屋はなぜ潰れないのか?


「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」


ですよね。

さらにこの「さおだけ屋…」で思い出したのが、これ。
もうずいぶん昔になるけど、これを初めて読んだときは背筋が寒くなったなぁ…。
読んでない方は読んでみるのもいいと思うけんど、決して僕のことを責めたりしないと誓ってから、ね!

■ 竿竹屋の真実
竿竹屋の真実

これは、かつてのニフティサーブ全盛期のころに「掲示板」と呼ばれる(インターネットで見かける掲示板とは別物です)同タイトルにて書き込みをして、そこそこの反響を得たレポートです。
そして、その書き込みを当局が見つけたらしく、異例の「厳重注意」を受けてしまったものでもあります。
もう結構前の話になりますね。


 
 
ひで爺
それ以前に、さおだけ屋になぜなれないのか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク
投稿者:館長 | 「2ちゃんねる」も「さおだけ屋」もなぜ潰れないのか?
2007年07月05日(木曜日)
■コメントを投稿する | トラックバック (0) | EDIT


■コメントフォーム

「2ちゃんねる」も「さおだけ屋」もなぜ潰れないのか?
―― へのコメント。
コメントはこのブログではなくロビー(BBS)に投稿されます。
1回投稿するとコメント以外が60日間Cookieに保存されます。
保存はされますが見た目だけは各欄が空欄のままになります。
お名前のみが必須記入事項です。あとは空欄で構いません。
コメントに「http://」を書くと投稿不可です。(スパム防止)
コメントにURLを書く時は「http://」無しで書いてください。
※ メールアドレスは公表されませんのでご安心ください。

お名前
Mail
URL
都道府県
お手数かけますが、スパム防止策です。
○○の部分をひらがなで書いてください。
♪夕焼けこやけの○○とんぼ
コメント
※送信するとBBSページが開きます。


■この記事のトラックバックURL:



ご注意:トラックバックを送信してもすぐにはこの記事に反映されませんが、このページに反映されれば成功です。
■トラックバック
トゥイッター
(カッコよく言ってみました)
最近の人気記事TOP10
スポンサード・リンク

最近の記事じゃ
月別の記事じゃ
▼ クリックで開閉
▲ クリックで開閉
古山館
(館長の祖父の篆刻作品集)
古山館
ひで爺 心の詩
ひで爺 心の詩
※クリックで当該記事へ
私のお墓の前で
○○ないでください
伝言くん
館長へのメール
名前
Mail
性別 女性  男性
都道
府県
伝言
すべての欄にご記入ください。
送信ボタン押すと新ウインドウが開きます。
正常送信されますとご自分にも自動返信が届きます。
ご自分にメールが届かない時は館長にも届いておりませんので、もう一度お送りくださるようお願いいたします。
ブログパーツ