2013年05月16日(木曜日)

あの愛生会病院HPが閉鎖へ。病院入り口の“愛の証”も消える?

スポンサーリンク

前略

元気なときにだけ、お邪魔したい。

の館長です。

 

病気のときはアクセスしたくなくて、

元気なときにだけアクセスしたい病院のホームページ、

それが、愛生会病院ホームページなのだー!!

愛生会病院ホームページよ、永遠なれ

だが、しかし、その愛生会病院のホームページが、もう少しで無くなってしまうことが決定したらしいのだ。

その知らせに、多くの愛生会HPファンが衝撃を受けている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


愛生会病院ホームページよ、永遠なれ

■ 「検索してはいけない」で有名な、あの愛生会病院HPが閉鎖へ

20130516213352

インターネット上で「検索してはいけないワード」として有名な、愛生会病院のホームページが閉鎖されることがわかった。

愛生会病院のホームページは、少なくとも1998年ごろには開設されていたと見られている。
病院のホームページというイメージとは真逆の特徴的なカラーリングなどから、衝撃的だとして「愛生会病院」という言葉を「ネットでは(ショックが大きいので)検索してはいけない」と揶揄されるまでになった。
僕が「ホームページ」というものを初めて作ったのが1998年なので、ほんとに馴染みがあるページなのです。


当時はけっこうこういった作りのページは多かったですね。

黒バック、蛍光色のフォント、マーキー文字(横に流れる文字)、無駄に曲が流れる、派手なGIFアニメ……などなど。


これらがすべて詰まった、いわばこの時代の“宝石箱”のようなサイトです。

愛生会病院のホームページ
いきなりスゴい注意書きだ!笑。
僕はこのページで音楽が鳴ったことがないんですよ。なんでかな? まぁ騒音が聞こえるよりはいいけど……笑。


愛生会病院ホームページが閉鎖する

愛生会病院のホームページを制作した院長の息子にあたるジャズバンドBlu-Swingのドラマー、宮本”ブータン”知聡氏がツイッターで、このサイトを閉鎖することをつぶやいたことから判明。
息子さんのこと、全然知らんかった……ショック!

愛生会ファンとしてあるまじきことですね。



 
閉鎖までの間、毎日訪問してみようかな。

そしたら、アクセスカウンターの急増っぷりを見て、もしかしたら考え直してくれるかもしれない。

だって、どうやら愛生会の人たちは、ご自分たちのこのホームページを愛してらっしゃるみたいなんですもん。

愛生会病院の人たちはこのホームページを愛してる

愛生会病院
実際の病院。 その入り口には……
愛生会病院
このように、ホームページのURLが!

愛着と誇りがあるんですね、きっと。

それならばぜひ続けて欲しいところです。

愛生会ホームページは、もはや愛生会だけのものではない、と言ってもいいくらいの財産。

お願いしますね、院長先生。

ひで爺
IT界の、世界遺産や〜!


スポンサーリンク
投稿者:館長 | あの愛生会病院HPが閉鎖へ。病院入り口の“愛の証”も消える?
2013年05月16日(木曜日)
■コメントを投稿する | トラックバック (0) | EDIT


■コメントフォーム

あの愛生会病院HPが閉鎖へ。病院入り口の“愛の証”も消える?
―― へのコメント。
コメントはこのブログではなくロビー(BBS)に投稿されます。
1回投稿するとコメント以外が60日間Cookieに保存されます。
保存はされますが見た目だけは各欄が空欄のままになります。
お名前のみが必須記入事項です。あとは空欄で構いません。
コメントに「http://」を書くと投稿不可です。(スパム防止)
コメントにURLを書く時は「http://」無しで書いてください。
※ メールアドレスは公表されませんのでご安心ください。

お名前
Mail
URL
都道府県
お手数かけますが、スパム防止策です。
○○の部分をひらがなで書いてください。
♪夕焼けこやけの○○とんぼ
コメント
※送信するとBBSページが開きます。


■この記事のトラックバックURL:



ご注意:トラックバックを送信してもすぐにはこの記事に反映されませんが、このページに反映されれば成功です。
■トラックバック
トゥイッター
(カッコよく言ってみました)
最近の人気記事TOP10
スポンサード・リンク

最近の記事じゃ
月別の記事じゃ
▼ クリックで開閉
▲ クリックで開閉
古山館
(館長の祖父の篆刻作品集)
古山館
ひで爺 心の詩
ひで爺 心の詩
※クリックで当該記事へ
私のお墓の前で
○○ないでください
伝言くん
館長へのメール
名前
Mail
性別 女性  男性
都道
府県
伝言
すべての欄にご記入ください。
送信ボタン押すと新ウインドウが開きます。
正常送信されますとご自分にも自動返信が届きます。
ご自分にメールが届かない時は館長にも届いておりませんので、もう一度お送りくださるようお願いいたします。
ブログパーツ