がらくたクリップ
2013年07月26日(金曜日)

この子は、私が守る。

スポンサーリンク

前略

♪キミを守るため そのために生まれてきたんだ〜

って歌おうとしたけど、肝心の「キミ」がいなかったよぉー! の館長です。

らいおんハート
スポンサーリンク
スポンサーリンク


もっとも、僕の非力では何も守れませんけど……。


僕の周りを見てみても、みんな誰かを守って生きています。

僕も両親はじめいろんな人に守られて生きてきました。


でも、いま僕は誰も守っていません。

自分自身を守ることだけに精一杯。


いや、逆に言うと、自分自身を守ることに精一杯というレベルでは、誰も守れない、ということでしょうか。


誰かを守ることなく生きていくのは、そりゃあ楽です。

楽なんだけど、

人生ってやつはこういうことでいいのだろうか?

……なんてことを、たまには考えてしまったりするのです。




考えるだけですが。

結局また同じことの繰り返しですが。

 
 
この子は私が守る。
この子は私が守る。
この子は私が守る。
この子は私が守る。
この子は私が守る。
この子は私が守る。この子は、わしが守る。


この子は私が守る。この子らは、私が守る。


この子は私が守る。この子は、私が守る。


この子は私が守る。この子は、私が守る。


この子は私が守る。この子は、私が守る。


この子は私が守る。この子たちは、私が守る。


この子は私が守る。この赤ちゃんは、私が守る。


20130715025709

この子は私が守る。

この子は私が守る。

この子は私が守る。

この子は私が守る。この子は、私が守る。


この子たちは、私が守る。この子たちは、私が守る。


この子は私が守る。この子は、私が守る。


この子は私が守る。この子は、私が守る。


この子は私が守る。
時には自分よりはるかに大きい相手にだって向かっていって、守る。


この子は私が守る。この子は私が守る。
奪いとってでも、守る。


この子は私が守る。命に関わる言うことを聞かない時は、本気で叱って守る。


この子は私が守る。常に子を案じながら歩調を合わせ、守る。


ひで爺
何かを守るって、偉大だ。


スポンサーリンク
投稿者:館長 | この子は、私が守る。
2013年07月26日(金曜日)
■コメントを投稿する | トラックバック (0) | EDIT


■コメントフォーム

この子は、私が守る。
―― へのコメント。
コメントはこのブログではなくロビー(BBS)に投稿されます。
1回投稿するとコメント以外が60日間Cookieに保存されます。
保存はされますが見た目だけは各欄が空欄のままになります。
お名前のみが必須記入事項です。あとは空欄で構いません。
コメントに「http://」を書くと投稿不可です。(スパム防止)
コメントにURLを書く時は「http://」無しで書いてください。
※ メールアドレスは公表されませんのでご安心ください。

お名前
Mail
URL
都道府県
お手数かけますが、スパム防止策です。
○○の部分をひらがなで書いてください。
♪夕焼けこやけの○○とんぼ
コメント
※送信するとBBSページが開きます。


■この記事のトラックバックURL:



ご注意:トラックバックを送信してもすぐにはこの記事に反映されませんが、このページに反映されれば成功です。
■トラックバック
トゥイッター
(カッコよく言ってみました)
最近の人気記事TOP10
1ヶ月の人気記事TOP20
スポンサード・リンク

最近の記事じゃ
月別の記事じゃ
▼ クリックで開閉
▲ クリックで開閉
古山館
(館長の祖父の篆刻作品集)
古山館
ひで爺 心の詩
ひで爺 心の詩
※クリックで当該記事へ
私のお墓の前で
○○ないでください
伝言くん
館長へのメール
名前
Mail
性別 女性  男性
都道
府県
伝言
すべての欄にご記入ください。
送信ボタン押すと新ウインドウが開きます。
正常送信されますとご自分にも自動返信が届きます。
ご自分にメールが届かない時は館長にも届いておりませんので、もう一度お送りくださるようお願いいたします。
ブログパーツ