2014年06月17日(火曜日)

ブルーフィールド内視現象と飛蚊症 似て非なるその違いは…

スポンサーリンク

前略

「老眼」って響きもイヤなものだから、「熟眼」にしよう! そうしよう!

の館長です。

老眼
スポンサーリンク
スポンサーリンク

いや、「熟眼」も良くないですね。意味も分からんし。


じゃあ「加齢眼(かれいがん)」はどうだろう? とも思ったけど、「加齢」と「老」じゃ、そう変わらないっすね。


しかしこのところどんどん老眼が進みまして、もともとかなりの近視と乱視もあるので、今はまともに見える範囲が狭いったらありゃしません。


遠くのキレイな景色も見えなきゃ、手元のスマホの画面も見えない……。

ちゃんと見えるのは、目の前のキミの笑顔だけだよ!(はぁと)

――なんてことを言おうと、ここ3年くらい考えているのですが、その機会がちっともきません。


こんなことしてたら老眼どころじゃないですよ。

二度と目覚めぬ眠りについちまうじゃないっすか!

何も見えない世界へと旅立ってしまうじゃないっすか!


頼んますよ、ほんと。 まだ見ぬ「キミ」へ。





ブルーフィールド内視現象と飛蚊症
ブルーフィールド内視現象と飛蚊症
子供の頃にこれを見たとき、絶対にこれは目のレンズか何かが傷ついたんだと思ってかなりショックでした。


あと、「目から星が出る」ってよく言うけど、立ちくらみとか頭を強く打ったとき、ホントに星が出ることにもビックリしたもんです。


ブルーフィールド内視現象
こちらが「ブルーフィールド内視現象」

ブルーフィールド内視現象(ブルーフィールドないしげんしょう)とは、小さな明るい光点(青空の妖精と呼ばれる)が視野の中を急速に動きまわる現象のこと。
特に青空のような明るい青い光を見たときに見える。
初めてこの現象を臨床的に記述したドイツ人の眼科医リチャード・シェーラー (Richard Scheerer) よりシェーラー現象とも呼ばれる。(ブルーフィールド内視現象 - Wikipedia
動く点の正体は目の網膜の前にある毛細血管の中を走る白血球である。


白血球が正体だったとは、驚きました。


良かった! ダニじゃなくて。


一方、こちらは「飛蚊症」

いわゆる「ミジンコピンピン現象」

飛蚊症
飛蚊症(ひぶんしょう)は、目の疾患のひとつ、あるいは症状のひとつ。眼科分野では遭遇する頻度の高い症状である。

目の内部を満たす硝子体が混濁することによっておこる。混濁の原因には、

1.生理的飛蚊症(病的ではないもので生来のもののことが多い)
2.後部硝子体剥離(病的ではないもので加齢・強度近視・打撲などによるもの)
3.その他(網膜裂孔、網膜剥離、硝子体出血、ぶどう膜炎などの病的なもの)

などがある。強度近視の眼は飛蚊症になりやすいと言われている。

飛蚊症 - Wikipedia


これも目につき始めると気になってしょうがないんですよねぇ。

前はてっきり目に入ったホコリとかかと思ってた……。


でも良かった! ミジンコじゃなくて。




それにしても、「ブルーフィールド内視現象」ってのは、カッコいい響き。


「あ、オレ今、ブルーフィールド内視現象、キテるわー」

と、さりげなく合コンの場で言うと、女の子から羨望の目で見られること間違いなし!

ひで爺
羨望の目もブルーフィールド内視現象。


スポンサーリンク
投稿者:館長 | ブルーフィールド内視現象と飛蚊症 似て非なるその違いは…
2014年06月17日(火曜日)
■コメントを投稿する | トラックバック (0) | EDIT


■コメントフォーム

ブルーフィールド内視現象と飛蚊症 似て非なるその違いは…
―― へのコメント。
コメントはこのブログではなくロビー(BBS)に投稿されます。
1回投稿するとコメント以外が60日間Cookieに保存されます。
保存はされますが見た目だけは各欄が空欄のままになります。
お名前のみが必須記入事項です。あとは空欄で構いません。
コメントに「http://」を書くと投稿不可です。(スパム防止)
コメントにURLを書く時は「http://」無しで書いてください。
※ メールアドレスは公表されませんのでご安心ください。

お名前
Mail
URL
都道府県
お手数かけますが、スパム防止策です。
○○の部分をひらがなで書いてください。
♪夕焼けこやけの○○とんぼ
コメント
※送信するとBBSページが開きます。


■この記事のトラックバックURL:



ご注意:トラックバックを送信してもすぐにはこの記事に反映されませんが、このページに反映されれば成功です。
■トラックバック
トゥイッター
(カッコよく言ってみました)
最近の人気記事TOP10
スポンサード・リンク

最近の記事じゃ
月別の記事じゃ
▼ クリックで開閉
▲ クリックで開閉
古山館
(館長の祖父の篆刻作品集)
古山館
ひで爺 心の詩
ひで爺 心の詩
※クリックで当該記事へ
私のお墓の前で
○○ないでください
伝言くん
館長へのメール
名前
Mail
性別 女性  男性
都道
府県
伝言
すべての欄にご記入ください。
送信ボタン押すと新ウインドウが開きます。
正常送信されますとご自分にも自動返信が届きます。
ご自分にメールが届かない時は館長にも届いておりませんので、もう一度お送りくださるようお願いいたします。
ブログパーツ