がらくたクリップ
2016年09月30日(金曜日)

「Barで女3人が語る怪しいストーリー」を松濤というハイソな街で楽しんできました

前略

「Barでオヤジ1人でも聴ける楽しいストーリー」でございました。

の館長です。

Barで女3人が語る怪しいストーリー

「Barで女3人が語る怪しいストーリー」という朗読劇を松濤のBarで楽しんだ の巻

Barで女3人が語る怪しいストーリー

お仲間のかおりはんが出演する朗読劇に行ってきました。


初めての松濤です。 しかもBarです。

緊張しすぎたせいかかなり早くに着いてしまったので、開場までのあいだ、ちょっとそのへんを散歩してみました。

Barで女3人が語る怪しいストーリー
せっかくなので松濤美術館に行ってみた。

さすが松濤。 美術館だってこんなにエレガント。

Barで女3人が語る怪しいストーリー
この日は休館日。 やってたとしても入れるわけではないのだけど。
Barで女3人が語る怪しいストーリー
こんなオシャレなところなのだ。

この建物の1階はほとんどがステキな飲食店。

右端に見えるのが、今日のお店「BASE」。

Barで女3人が語る怪しいストーリー
「BASE」に到着。 まだ早い。早すぎる。

お店の人と出演者の次に早い!

Barで女3人が語る怪しいストーリー
Barらしいメニュー看板だ。

「犬OK!」の文字が、「尤OK!」に見えて、最初は何のことか分かんなかったぞ。

Barで女3人が語る怪しいストーリー
ようやく開場。店内に入る。
Barで女3人が語る怪しいストーリー
Barだ。 まさしくBarだ。
Barで女3人が語る怪しいストーリー
まぎれもなくBarだ。 Bar以外のなにものでもない。
Barで女3人が語る怪しいストーリー
こんなBarらしいBarに入ったのは何年ぶりだろう?

居心地はいいんだけど、なんだかこっ恥ずかしくておケツがムズムズする。

Barで女3人が語る怪しいストーリー
壁には今日の朗読劇をイメージした絵などが飾られると聞いていた。しかもかおりはんの自作だ。スゴい。
Barで女3人が語る怪しいストーリー
右のはたぶんトカゲだね?

「座敷トカゲ」の話も出てきたから。

Barで女3人が語る怪しいストーリー
本日のメニュー。

「1」が書かれたコインを、飲み物と引き換えるのだ。

Barで女3人が語る怪しいストーリー
僕はハートランドビールにした。

あきらかにハートランドな気分だったからね!

Barで女3人が語る怪しいストーリー
朗読劇が終わって出演者たちのご挨拶。

肝心のかおりはんは反対側にいたので撮れず。

女優さんたち、みんなすっごく可愛らしかったですよ。

Barで女3人が語る怪しいストーリー
店を出てチラシを見ると、追加公演が決まったようです。素晴らしい。


この日は4つの話が上演されました。

特に最後の「座敷トカゲ」の話は面白くて面白くて、会場は笑いに包まれっぱなし。

朗読と芝居の融合といった感じの今回の公演は、こうしたBarのような小さいスペースでも大きな世界を表現できて、素晴らしい企画だと思ったのでした。

また観てみたい。 ありがとうございました。

ひで爺
板橋あたりの酒場でも、ひとつよろしゅう。(笑)

スポンサーリンク

投稿者:館長 | 「Barで女3人が語る怪しいストーリー」を松濤というハイソな街で楽しんできました
2016年09月30日(金曜日)
■コメントを投稿する | トラックバック (0) | EDIT


■コメントフォーム

「Barで女3人が語る怪しいストーリー」を松濤というハイソな街で楽しんできました
―― へのコメント。
コメントはこのブログではなくロビー(BBS)に投稿されます。
1回投稿するとコメント以外が60日間Cookieに保存されます。
保存はされますが見た目だけは各欄が空欄のままになります。
お名前のみが必須記入事項です。あとは空欄で構いません。
コメントに「http://」を書くと投稿不可です。(スパム防止)
コメントにURLを書く時は「http://」無しで書いてください。
※ メールアドレスは公表されませんのでご安心ください。

お名前
Mail
URL
都道府県
お手数かけますが、スパム防止策です。
○○の部分をひらがなで書いてください。
♪夕焼けこやけの○○とんぼ
コメント
※送信するとBBSページが開きます。


■この記事のトラックバックURL:



ご注意:トラックバックを送信してもすぐにはこの記事に反映されませんが、このページに反映されれば成功です。
■トラックバック
トゥイッター
(カッコよく言ってみました)
最近の人気記事TOP10
1ヶ月の人気記事TOP20
スポンサード・リンク

最近の記事じゃ
月別の記事じゃ
▼ クリックで開閉
▲ クリックで開閉
古山館
(館長の祖父の篆刻作品集)
古山館
ひで爺 心の詩
ひで爺 心の詩
※クリックで当該記事へ
私のお墓の前で
○○ないでください
伝言くん
館長へのメール
名前
Mail
性別 女性  男性
都道
府県
伝言
すべての欄にご記入ください。
送信ボタン押すと新ウインドウが開きます。
正常送信されますとご自分にも自動返信が届きます。
ご自分にメールが届かない時は館長にも届いておりませんので、もう一度お送りくださるようお願いいたします。
ブログパーツ