がらくたクリップ
2005年02月06日(日曜日)

銀座小劇場公演「和っおどろいた!」無事終了。

スポンサーリンク

 前略、銀座の鯉の物語はいかがですか? の館長です。

 生臭そうな関係が築けそうです。


 さて…

wa_odoroita_end.gif

 去る、1月31日、銀座小劇場での公演「和っおどろいた!」が、盛況のうちに幕を閉じました。
 おいでくださった方々、応援くださった方々、どうもありがとうございました。
 おかげさまで好評も得られ、僕の和服姿(呉服屋二代目の放蕩若旦那)もそれなりに褒められ(本人を目の前にしてけなす人もいないでしょうから、6掛けくらいに受け取ってはおりますが)(ほら、謙虚ですね)、素晴らしい舞台を務め上げることができましたこと、すべての方々に感謝いたします。


Jan31_1151.jpg
当日、銀座小劇場に着いたものの、どこから入っていいのか分からずに立ちつくす一人 立ちつくす。

Jan31_1727.jpg
昼と夜の間に(ピーターじゃないよ。あれは「夜と朝のあいだに」)出してもらった井泉のヒレカツサンドが美味くて美味くて…。

 舞台は生き物だ、ってよく聞くけれど、ふんとにそうなのね。 
たぶん、100回やったら100回とも違うものになるんでしょうね。 
でも、たいていの場合は100回も上演するチャンスなど無くて、今回については2回の上演で可能な限り100点満点を目指さなくてはならなかったわけだけど、やっぱり100点なんて有り得ないわけで、それは僕らのような素人とは違う藤間仁凰さんのような方でさえ、そうだと思うのです。
 それを、舞台素人である僕なんぞが100点取れるわけなどなく、お客さんに及第点を付けてもらえれば御の字。
及第点を付けてもらえたかは分からない。
自分自身が自分に点を付けるとしたら、70点かな? けっこう甘いです。 自分としてはかなり限界ギリギリまでやったので、これ以上はできないと思うからです。
「こうすれば良かった、ああすれば良かった」といったことは、もう無いのです。
マイナスの30点分は、細かいことの積み重ね。 これはもうしょうがないとするしかないですねぇ。

 しんどいことも多かった。 仕事も休んでしまったし、安物とはいえ着物も買って懐には木枯らしピープー。
 だけど、それには代え難い素晴らしい経験をさせていただきました。
 それもこれも、やはり出会いだと思うのです。
 僕がヘヴンさんに出会わなければ、いしばしさんに出会わなければ、そしていしばしさんが仁凰さんに出会わなければ、こういうことも無かった。

 人生、出会いでございますのね。

ひで爺
人生、「気合だー!」というより「出会いだー!」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク
投稿者:館長 | 銀座小劇場公演「和っおどろいた!」無事終了。
2005年02月06日(日曜日)
■コメントを投稿する | トラックバック (1) | EDIT


■コメントフォーム

銀座小劇場公演「和っおどろいた!」無事終了。
―― へのコメント。
コメントはこのブログではなくロビー(BBS)に投稿されます。
1回投稿するとコメント以外が60日間Cookieに保存されます。
保存はされますが見た目だけは各欄が空欄のままになります。
お名前のみが必須記入事項です。あとは空欄で構いません。
コメントに「http://」を書くと投稿不可です。(スパム防止)
コメントにURLを書く時は「http://」無しで書いてください。
※ メールアドレスは公表されませんのでご安心ください。

お名前
Mail
URL
都道府県
お手数かけますが、スパム防止策です。
○○の部分をひらがなで書いてください。
♪夕焼けこやけの○○とんぼ
コメント
※送信するとBBSページが開きます。


■この記事のトラックバックURL:



ご注意:トラックバックを送信してもすぐにはこの記事に反映されませんが、このページに反映されれば成功です。
■トラックバック
題 名: 投扇興!
概 要:   ネットつながりでお知り合いになった館長さんが「投扇興」の達人と聞き、一度見てみたい!と思ってましたが、ついにチャンスがありました。 「投扇興」とは江戸時代に流行ったいわば和製ダーツ。中央に的(蝶)を乗せた台(枕)を置き、両側の少し離れたところから、扇
ブログ: ひまわり絵日記
日 時: 2005.02.06
トゥイッター
(カッコよく言ってみました)
最近の人気記事TOP10
1ヶ月の人気記事TOP20
スポンサード・リンク

最近の記事じゃ
月別の記事じゃ
▼ クリックで開閉
▲ クリックで開閉
古山館
(館長の祖父の篆刻作品集)
古山館
ひで爺 心の詩
ひで爺 心の詩
※クリックで当該記事へ
私のお墓の前で
○○ないでください
伝言くん
館長へのメール
名前
Mail
性別 女性  男性
都道
府県
伝言
すべての欄にご記入ください。
送信ボタン押すと新ウインドウが開きます。
正常送信されますとご自分にも自動返信が届きます。
ご自分にメールが届かない時は館長にも届いておりませんので、もう一度お送りくださるようお願いいたします。
ブログパーツ