2005年04月07日(木曜日)

「ちゃん」付けができなくて…春。

スポンサーリンク

ビューチホーネーム

前略、どの子にも一つの命が光ってる、呼びかけよう名前を 素晴らしい名前を …ということなので、今までどうしても呼べなかった親会社の女子の名前を「ちゃん」付けで初めて呼んでみた館長です。

照れてた。 わしが。
完全に照れてた。 わしは。

照れるから余計に妙な感じになってしまうのだよ。

それに比べて、ついこのあいだ入った営業部のYさんは、もう誰でもかれでも「ちゃん」付けで呼んで溶け込んでる。 溶け込み過ぎている。 本人も溶けている。
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
人のことをすぐに「〜ちゃん」って呼ぶの、あんまり好きじゃないんだけど、それができる人が羨ましくもある。
「ちゃん」付けで呼ぶべき間柄じゃない場合はもちろん論外だけど、呼ばれる方が不快でないのなら、やっぱりそう呼べたほうが距離が縮まるような気はする。
あ、皮脂たっぷりのオッサンが若い子によく言う「ちゃん」付けはここでは考えないものとしますよ。

僕が今日、「ちゃん」付けで呼んだのには事情があるんだ。
その女子は、営業部長と同姓なんだ。
だから、苗字で「Iさん」と呼ぶことは紛らわしいし誰もしていない。
社内のみんな、「Tちゃん」と呼んでいる。
でも、僕だけは、「Tちゃん」と呼べないまま、約1年が過ぎようとしていた。

僕が「Tちゃん」と呼べずにきた理由は何だろう?
仕事上の付き合いだからそう呼ぶべきでない?
友達や彼女じゃあるまいし?
…もっともらしい理由をつけようと思ったけど、そんな難しいことじゃなくて、ただ単に「照れくさかったから」に尽きるような気がする。

ちなみに、→ 恋人には何て呼ばれたい?

でも今日は思い切ってみたんだ。
いいかげん、いろいろと不都合だし。

このままじゃダメだ。 …僕はそう思ったんだ。
一度呼んでしまえば楽になれるぞ。 …心の中の自分が背中を押す。
僕は久しく使ってない勇気を、こんなところで振り絞って出した。

聞こえるか聞こえないかくらいの小さな声で「Tちゃん」と呼びかけたあと、言ったか言わなかったか相手に分からなくするくらいにそのあとの言葉を続けた。
照れ隠しの「立て板に水」作戦だ。

なんとか乗り切った。
もう怖くないぞ。
汗びっしょりだったけど。


でもなぁ、もう一人いるんだよなぁ。
「ちゃん」付けできないまま、もう少しで1年を迎えてしまう女子社員が。

こちらはまだしばらくかかりそう…。

「名前」といえば、こんなニュースがありました。

MSN-Mainichi INTERACTIVE
看護師試験:カタカナで合格者発表
厚生労働省は29日、看護師と保健師、助産師の国家試験合格者を発表した。
従来は報道機関には市区郡別に漢字表記の氏名を提供してきたが、4月から全面改正される行政機関個人情報保護法に抵触する恐れがあるとして、受験地別のカタカナ表記に変更した。

タケカワユキヒデなら、問題なし、だね。
 
 
ひで爺
キダ・タローもな。


スポンサーリンク
投稿者:館長 | 「ちゃん」付けができなくて…春。
2005年04月07日(木曜日)
■コメントを投稿する | トラックバック (0) | EDIT


■コメントフォーム

「ちゃん」付けができなくて…春。
―― へのコメント。
コメントはこのブログではなくロビー(BBS)に投稿されます。
1回投稿するとコメント以外が60日間Cookieに保存されます。
保存はされますが見た目だけは各欄が空欄のままになります。
お名前のみが必須記入事項です。あとは空欄で構いません。
コメントに「http://」を書くと投稿不可です。(スパム防止)
コメントにURLを書く時は「http://」無しで書いてください。
※ メールアドレスは公表されませんのでご安心ください。

お名前
Mail
URL
都道府県
お手数かけますが、スパム防止策です。
○○の部分をひらがなで書いてください。
♪夕焼けこやけの○○とんぼ
コメント
※送信するとBBSページが開きます。


■この記事のトラックバックURL:



ご注意:トラックバックを送信してもすぐにはこの記事に反映されませんが、このページに反映されれば成功です。
■トラックバック
トゥイッター
(カッコよく言ってみました)
最近の人気記事TOP10
スポンサード・リンク

最近の記事じゃ
月別の記事じゃ
▼ クリックで開閉
▲ クリックで開閉
古山館
(館長の祖父の篆刻作品集)
古山館
ひで爺 心の詩
ひで爺 心の詩
※クリックで当該記事へ
私のお墓の前で
○○ないでください
伝言くん
館長へのメール
名前
Mail
性別 女性  男性
都道
府県
伝言
すべての欄にご記入ください。
送信ボタン押すと新ウインドウが開きます。
正常送信されますとご自分にも自動返信が届きます。
ご自分にメールが届かない時は館長にも届いておりませんので、もう一度お送りくださるようお願いいたします。
ブログパーツ