2009年11月27日(金曜日)

THIS IS IT、再び!

スポンサーリンク

前略、


THIS IS IT

「怒ってるんじゃないよ。“愛”なんだ」


……そんなふうに人に言ってあげられる人に、私もなりたひ……の館長です。




先日、また観てきました、THIS IS IT。

2回目であります。

(→ 1回目はこちら


どこまでも、THIS IS IT
THIS IS IT


今回は、銀扇殿が率いる「THIS IS IT 隊」8人編成で、品川プリンスホテルの映画館に行きました。


THIS IS IT
食事はともかく、ホテル内のお店なのにウエイターさんがなっとらん!
ワイン注文したのでグラスの数を決めるのに手間取っていたら、
「結局、グラスはおいくつですか?」って…。
「結局」て…。

いや、「怒ってるんじゃないよ。“愛”なんだ」

THIS IS IT
そして本編へ…。




そして観終わって…。


8人もいると、そりゃもう、思いは8人8様でございます。

やっぱり泣く者あり、怒る者あり、純粋に楽しむ者あり、映画の前に一緒に写真を撮ったハイキングウォーキングの等身大パネルのことばかり気になる者あり、
と実にさまざま。

ハイキングウォーキングって、いかがなものよ?

そんなことでいいのかよー!

いや、「怒ってるんじゃないよ。“愛”なんだ」




僕はまた泣いたよ。 どうせ泣いたよ。

で、今回は自分が泣く理由ってのが少し分かった気がしたんです。

命に関わることなので詳らかな説明はヤメておきますけど、人間の「命の価値」について迫られるところがあるんですな。


マイケルへの贖罪、みたいな意識もあります。

生きているうちにもっと尊敬と愛情を抱けばよかったんだ。

御多分に洩れず、僕もメディアが報じるマイケルの奇行的な部分ばかりに注目するようになっていました。

何をやってたんだろう。

遅きに失した自分にも非常に腹が立ちます。




あと今回、改めて素晴らしいと思ったのは、マイケルがツアーで楽曲を披露するに当たり、

最初に楽曲をリリースしたときのそのままの状態―― つまり、最初にファンが聴いたときの音、それを忠実に守り再現することがまず第一。

……としていたところです。


ベテラン(?)の歌手って、ほとんど必ず絶対というくらい、昔の歌を崩して歌うじゃないですか。

僕はあれがイヤでイヤで。

そういうのを「それはそれで味があって良し」とする人も多いのは確かなんですが、僕はダメなんだなぁ。




ほら、あの松崎しげるだって、「愛のメモリー」、こんなに変えちゃってからに。

【昔の愛のメモリー】





【最近の愛のメモリー】

もう、最近のって、粘っこいぃ。

納豆にオクラとめかぶを混ぜたような粘っこさ。

まぁ、しげるだからねぇ、しょうがないけどさぁ。




って、なんでマイケルからしげるの話になってんだよぉぉ!!


いや、「怒ってるんじゃないよ。“愛”なんだ」


THIS IS IT
じゃあ、良い週末を!


ひで爺
「焼けてるんじゃないよ。“地黒”なんだ」(しげる談)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク
投稿者:館長 | THIS IS IT、再び!
2009年11月27日(金曜日)
■コメントを投稿する | トラックバック (0) | EDIT


■コメントフォーム

THIS IS IT、再び!
―― へのコメント。
コメントはこのブログではなくロビー(BBS)に投稿されます。
1回投稿するとコメント以外が60日間Cookieに保存されます。
保存はされますが見た目だけは各欄が空欄のままになります。
お名前のみが必須記入事項です。あとは空欄で構いません。
コメントに「http://」を書くと投稿不可です。(スパム防止)
コメントにURLを書く時は「http://」無しで書いてください。
※ メールアドレスは公表されませんのでご安心ください。

お名前
Mail
URL
都道府県
お手数かけますが、スパム防止策です。
○○の部分をひらがなで書いてください。
♪夕焼けこやけの○○とんぼ
コメント
※送信するとBBSページが開きます。


■この記事のトラックバックURL:



ご注意:トラックバックを送信してもすぐにはこの記事に反映されませんが、このページに反映されれば成功です。
■トラックバック
トゥイッター
(カッコよく言ってみました)
最近の人気記事TOP10
スポンサード・リンク

最近の記事じゃ
月別の記事じゃ
▼ クリックで開閉
▲ クリックで開閉
古山館
(館長の祖父の篆刻作品集)
古山館
ひで爺 心の詩
ひで爺 心の詩
※クリックで当該記事へ
私のお墓の前で
○○ないでください
伝言くん
館長へのメール
名前
Mail
性別 女性  男性
都道
府県
伝言
すべての欄にご記入ください。
送信ボタン押すと新ウインドウが開きます。
正常送信されますとご自分にも自動返信が届きます。
ご自分にメールが届かない時は館長にも届いておりませんので、もう一度お送りくださるようお願いいたします。
ブログパーツ