2007年05月08日(火曜日)

どばっち旅行記(山形篇)

スポンサーリンク

前略、 旅の恥と股ぐらはかき捨てろ! の館長です。

そんな僕とは違って、品行方正な旅をモットーとするどばっちが、またもやご夫婦で旅行に行きました。
品行方正な旅の唯一の欠点は、食べ過ぎること、でございます。 たぶん。



【どばっち旅行記(山形篇)】


蔵王

■ 4/28 山形旅行

44県目となる山形県にやって来ました。
蔵王はまだ雪がだいぶ残っております。
気温は1℃で耳が痛かったです。


ついに44県目ですか! 素晴らしい!
ここでも記事にした「経県値」
どばっちはまたもやこの経県値を上げました。




温泉街
■ 4/28 温泉街で劇場と言えば

こういう所なんでしょうけど、実際に見かけたのは初めてです。


なんですとー!? 初めてですとー!?
わたしゃ、数回観に行きましたですよ。
地元温泉街の「フランス座」。 懐かすぃー。
(地元で観るもんじゃないですな。 知った顔に会う危険性高し)
(何巡かして、いわゆる“かぶりつき”の席に辿り着きました)
(そのとき友人は興奮のあまり舞台にビールをぶちまけてヒンシュク)
(って、こんな告白は必要ないってのに…)




夕食開始
■ 4/28 夕食開始

前菜がリッチです。牛のたたきもあります。
このあとはステーキが待っております。ふふ…
お造りには、珍しいイワナの刺身もありました。
あと、漬け物の中の赤くて丸いのは小梅ではなく、山形らしいさくらんぼの漬け物でした。


これはたまげた! リッチすぎ!
リッチーどばっちモア!
さくらんぼの漬け物とは驚き!
笑顔咲ク 君とつながってたい〜♪ってわけですね。




山形牛
■ 4/28 山形牛

ステーキがキターッ!!


肉だー!
憎らしいくらい肉らしい肉だー!




投扇興を発見!
■ 4/28 投扇興を発見!

部屋に備え付けの、山形県を紹介する本をめくっていたら、こんな写真がありました。
宮脇の道具みたいですが、蝶も枕も細長くて見慣れないやつです。
詳しく知りたい!


おおっ! こんなものがあるなんて!
ふんとに細長くて妙だー。
でも、花宴、空蝉系が出やすくないっすか?




さくらんぼの天ぷら
■ 4/29 これは珍しい

さくらんぼの天ぷらが出てきてビックリしました。
味は…んー


どんだけ、さくらんぼなんですかー!
どんだけ、笑顔咲ク どば子とつながってたいんですかー!




山形牛のしゃぶしゃぶ
■ 4/29 今日のメイン

山形牛のしゃぶしゃぶです。
私はポン酢があまり好きじゃないので、ゴマだれでいただいております。


ダメですよぉー。 ゴマだれはポン酢の2.5倍〜3倍のカロリーだっていいますよー。
ヘルシーにいただきましょう〜。
とはいえ、“ハレ”の食事はカロリーなんてどうでもいいんですが…。




板そば

■ 4/30 板そば

山形最後の食事は、名物の板そばです。

「板そば」なんて初耳でしたわー。
これは一人前なんでしょうか? だとすればけっこう多そうですが、蕎麦っ食いの僕はもう一枚は楽に食べられそうです。


どばっち、今回は一段と綺麗な写真でありがとうございました。
お土産に板そばの10枚ほども期待してたんですが… まぁ、次回ということで(笑)。


ひで爺
取り急ぎ、5枚だけでもいいですよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク
投稿者:館長 | どばっち旅行記(山形篇)
2007年05月08日(火曜日)
■コメントを投稿する | トラックバック (0) | EDIT


■コメントフォーム

どばっち旅行記(山形篇)
―― へのコメント。
コメントはこのブログではなくロビー(BBS)に投稿されます。
1回投稿するとコメント以外が60日間Cookieに保存されます。
保存はされますが見た目だけは各欄が空欄のままになります。
お名前のみが必須記入事項です。あとは空欄で構いません。
コメントに「http://」を書くと投稿不可です。(スパム防止)
コメントにURLを書く時は「http://」無しで書いてください。
※ メールアドレスは公表されませんのでご安心ください。

お名前
Mail
URL
都道府県
お手数かけますが、スパム防止策です。
○○の部分をひらがなで書いてください。
♪夕焼けこやけの○○とんぼ
コメント
※送信するとBBSページが開きます。


■この記事のトラックバックURL:



ご注意:トラックバックを送信してもすぐにはこの記事に反映されませんが、このページに反映されれば成功です。
■トラックバック
トゥイッター
(カッコよく言ってみました)
最近の人気記事TOP10
スポンサード・リンク

最近の記事じゃ
月別の記事じゃ
▼ クリックで開閉
▲ クリックで開閉
古山館
(館長の祖父の篆刻作品集)
古山館
ひで爺 心の詩
ひで爺 心の詩
※クリックで当該記事へ
私のお墓の前で
○○ないでください
伝言くん
館長へのメール
名前
Mail
性別 女性  男性
都道
府県
伝言
すべての欄にご記入ください。
送信ボタン押すと新ウインドウが開きます。
正常送信されますとご自分にも自動返信が届きます。
ご自分にメールが届かない時は館長にも届いておりませんので、もう一度お送りくださるようお願いいたします。
ブログパーツ