がらくたクリップ
2008年11月20日(木曜日)

「第1回『三色丼』が先か?『ねごめし』が先か? チキチキメニュー猛レース! パフパフ♪」のアンケートご回答への御礼と結果報告。

前略、 皆様を季節にたとえるなら、おかげサマー、ですね!……という具合にダジャレも不自由な脳内サマーオヤジこと館長です。


こーんなにも御礼と結果報告が遅くなってしまいまして、ご協力いただいた方々には大変申し訳なく思っております。

どうもすみません。


その節は、
「第1回『三色丼』が先か?『ねごめし』が先か? チキチキメニュー猛レース! パフパフ♪」
のアンケートへの多数のご回答、どうもありがとうございました。

当該記事→「■ 伊東「ふじいち」で最高に美味いものを食べてきたいと思うのです。

おかげさまで、優柔不断な僕が回答を決定するにあたり、良い指針とすることができました。

皆様のおかげさま。

本当にありがとうございました。

ありがとうございます

回答では圧倒的に『ねごめし』が多数でした。

その理由としては、

「盛り付けに時間がかからない感じ」
「名物だから準備万端だと思う」
「値段が安いほうから出したくなるのが人情」

……など、ごもっともなご意見が多かったのに対し、「三色丼が先」との回答の理由としては、

「自分が先に食べたいから」

という理由とも言えないような理由をつける方がほとんど。

まぁ、これはこれで極めて人間的ご意見で笑わせていただきましたが、参考になるかと言うとそうでもない感じ…。


ともかく、皆様のご意見を参考にしつつ、僕自身も『ねごめし』が先に違いない、と踏んだので、当日は、「『ねごめし』が先」――これを自分の回答として臨ませていただきました。


結論から申しますと……


負けました。

伊東うまいもんツアー
手前が『三色丼』、奥に見えるのが『ねごめし』。

僕らが店に行ったときには、どちらの料理も出来上がっていたのですが、たまたま三色丼が注文者の目の前に置かれ、ねごめしはまだ別テーブルに乗っている、という状態だったのです。

それゆえ、ちょっと納得しかねる結末ではありましたが、まぁ、しょうがない。

僕としましては、自分の負けもさることながら、ご回答くださった皆様への申し訳なさに胸がいっぱいになり、注文した『あじたたき定食』も満足にノドを通らない状態……かと思いきや、ご飯おかわりまでしちゃうほど美味しくいただきました。

でもふんと、ご協力ありがとうございました。

 


さて、伊東といえばいまだに「ハトヤ」だと思ってる人がたくさんいるのでしょうが、そのとおりなんです。

ハトヤ
宿泊先も決めずに来てボヤボヤしてるとすぐにこのバスに乗せられてハトヤへドナドナですよ。

そんなこたぁウソですけど、伊東駅周辺を歩く人のおよそ8割はハトヤの宿泊客なんです。 またウソつきましたけど。

でも、昔も今も、これからも、きっと伊東とハトヤは切っても切れない縁なのでしょう。

4126(よんいちにーろく)体操
4126(よんいちにーろく)体操。
当時はこれでもセクシーに感じたものです。

ハトヤの大漁苑
♪前は海 後ろはハトヤの大漁苑。
この子も大きくなったんでしょうね。

 


ではでは、お時間が許しますれば、僕の「伊東うまいもん・へんなもん・七福神巡りツアー」にお付き合いくださいませ。

20081021180554
伊東は、キャッチコピーも温泉並みに熱い。


20081021180555
伊東は、「これ!」と決めたら絶対に曲げない。




(「続き」ここから)


伊東うまいもんツアー

ごらん、これが「ふじいち」だよ。
伊東へ行ったら必ず寄ってらっしゃい。

伊東うまいもんツアー
有名人もいっぱいご来店。
有名人が来てりゃいいってもんでもないですけど。
確認できただけで、秋野暢子、えなりかずき、松崎しげる、濱田マリ、ビビる大木、角盈男、石坂浩二など。
伊東うまいもんツアー
さあ、とにかくまずはイカ丸焼きです。
見るからに美味そうじゃないですかー。
食べなくてもいいくらい。 そんなことないさー。


伊東うまいもんツアー

僕が注文した「あじたたき定食」でさぁ。
量も味も素晴らしい!

伊東うまいもんツアー
伊東名物「祇園」のお弁当シリーズ。
左から「ぼんかま」「ちらし」「いなり」。
伊東うまいもんツアー
「ぼんかま」の中身だよ。
お見事な美味しさでした!
伊東うまいもんツアー
これは確か「幕の内」だったと思う…。
伊東うまいもんツアー
「幕の内」の中身はなんとなく地味ですな。
伊東うまいもんツアー
「ちらし」の中身。 なんか美味そう。
伊東うまいもんツアー
名物「とりめし」。
伊東うまいもんツアー
なんか、「とりめし」がものすごく美味そうでした。
これも食べたかったなぁ。
でも「ぼんかま」も捨てがたかったし…。
でも「とりめし」羨ましかったなぁ…。
でもなぁ…。
っていい加減にしろって話。
来年は「とりめし」にしようと思います。 でも「ぼんかま」もなぁ…。
伊東うまいもんツアー
バーベキューもやりましたよ。
目の前にバーベキューセットがあったら、やらないわけにはいかないもんね。
伊東うまいもんツアー
最近は僕はもっぱら“食べ役”に徹して、焼くことに手出ししたりしないのです。
僕よりはるかに上手な人がいる場合はすべてお任せしちゃいます。
伊東うまいもんツアー
伊東まで来たんですから、もちろん露天風呂も楽しみました。
伊東うまいもんツアー
僕がもし、ここまで死ぬほど疲れてしまったときは、頼む、死なせてくれー!
伊東うまいもんツアー
こちらも美味いと評判の、伊東駅前「美よし鮨」にも行きました。
まずこの小鉢が美味い! 日本酒が進みすぎました。
伊東うまいもんツアー
お吸い物も実に美味い!
伊東うまいもんツアー
本命の「穴子丼」登場!
とにかく美味い。
これがあのマスオさんの同僚かと思うくらい美味い。
伊東うまいもんツアー
寿司屋ですからねぇ、にぎりももちろん欲しかったんです…。
両方いける自信はたっぷりあるんだけどなぁ…。
伊東うまいもんツアー
寿司屋を出て、はちみつソフトのお店に。
普段は甘いものは食べたくないんだけど、伊東はそんな僕を優しく甘味ワールドへいざなう…。
伊東うまいもんツアー
古めかしい、いい感じのお店がありましたが、この日はお休み。
仕方ないから店の外から店内を隅々まで窺います。
伊東うまいもんツアー
やたらと椿油に力を入れているようです。
伊東うまいもんツアー
これ、椿油の濾過器ですってよ。
ぜひ店内で間近で見たかったなぁ。
伊東うまいもんツアー
誰がなんと言おうと、贈りものには石鹸なんです!
他のもの贈ったらただじゃおかないぞ! という雰囲気に圧倒されます。
伊東うまいもんツアー
さて、急に思い立って「七福神スタンプラリー」をやることになりました。
まずは福禄寿。
伊東うまいもんツアー
大黒天様
伊東うまいもんツアー
恵比須様
伊東うまいもんツアー
ベビベビベイビ ベイビベイビベイビベイベ布袋様
伊東うまいもんツアー
便座移転、改め弁才天様(この罰当たりがっ!)
伊東うまいもんツアー
他のお二人を撮るのを忘れたため、拾い画像にてご紹介。
寿老人と毘沙門天。
伊東うまいもんツアー
こうしてスタンプラリー完成です。
(すっごくお手軽)
この用紙を見せるとステッカーがもらえます。

 ※画像クリックで拡大
伊東うまいもんツアー
これがそのステッカー。
まぁ、言っちゃなんですが、そんなに大したものじゃないのス。
でも、思い出は「プライスレス」。


とにかく美味しく楽しい旅でした。

海の無い県で生まれ育った僕には、やはり美味しい海の幸がなにより嬉しいのです。

海の無い県で生まれ育ったのに、僕の二人の妹は名前が魚の名前です。 友達には「サザエさん一家」と言われました。

海の無い県で生まれ育った僕の両親も、きっと海の幸が恋しかったのでしょう。


でも僕は、なぜか海とは関係ない名前


投稿者:館長 | 「第1回『三色丼』が先か?『ねごめし』が先か? チキチキメニュー猛レース! パフパフ♪」のアンケートご回答への御礼と結果報告。
2008年11月20日(木曜日)
■コメントを投稿する | トラックバック (0) | EDIT



■コメントフォーム

「第1回『三色丼』が先か?『ねごめし』が先か? チキチキメニュー猛レース! パフパフ♪」のアンケートご回答への御礼と結果報告。
―― へのコメント。
コメントはこのブログではなくロビー(BBS)に投稿されます。
1回投稿するとコメント以外が60日間Cookieに保存されます。
保存はされますが見た目だけは各欄が空欄のままになります。
お名前のみが必須記入事項です。あとは空欄で構いません。
コメントに「http://」を書くと投稿不可です。(スパム防止)
コメントにURLを書く時は「http://」無しで書いてください。
※ メールアドレスは公表されませんのでご安心ください。

お名前
Mail
URL
都道府県
お手数かけますが、スパム防止策です。
○○の部分をひらがなで書いてください。
♪夕焼けこやけの○○とんぼ
コメント
※送信するとBBSページが開きます。


■この記事のトラックバックURL:



ご注意:トラックバックを送信してもすぐにはこの記事に反映されませんが、このページに反映されれば成功です。
■トラックバック
トゥイッター
(カッコよく言ってみました)
最近の人気記事
人気記事BEST20
スポンサード・リンク

最近の記事じゃ
月別の記事じゃ
▼ クリックで開閉
▲ クリックで開閉
がらくたクリップ更新情報
古山館
(館長の祖父の篆刻作品集)
古山館
ひで爺 心の詩
ひで爺 心の詩
※クリックで当該記事へ
私のお墓の前で
○○ないでください
伝言くん
館長へのメール
名前
Mail
性別 女性  男性
都道
府県
伝言
すべての欄にご記入ください。
送信ボタン押すと新ウインドウが開きます。
正常送信されますとご自分にも自動返信が届きます。
ご自分にメールが届かない時は館長にも届いておりませんので、もう一度お送りくださるようお願いいたします。
ブログパーツ