2013年04月29日(月曜日)

探偵! ナイトスクープ 23年間会話ない夫婦が話題。でも“神回”はこの4つでしょ。

スポンサーリンク

前略

いまだに岡部まり。

の館長です。

探偵ナイトスクープ
スポンサーリンク
スポンサーリンク


そんなこと言ったら松尾依里佳に悪いんですけどね。

『探偵! ナイトスクープ』の秘書の話でございます。


岡部まりに対しては、探偵のみんながわざと依頼文にあるエッチな単語を言わせたり、ちょっとセクハラっぽいことを仕掛けたりもしたものです。


それに対して岡部まりも、時にはサラッと受け流したり、時には恥じらって見せたり……まぁ、今29歳の松尾依里佳とは、そりゃあ貫禄が違って当然ですが、観てるほうとしてはそんな楽しみもあったわけなのです。


ま、そんな楽しみ方をするのは、僕のようなオッサンだけでしょうけどね。


 
そんな『探偵! ナイトスクープ』の先日の放送分が、“神回”と言われるほどに話題になっていましたので、僕も遅ればせながら観てみました。





本日の感動画…じゃないもの
と感動画
本日の感動画

■ 23年間会話ない夫婦に大反響、「ナイトスクープ」“神回”の声も。 | Narinari.com

Narinari.com

4月5日、関西の人気バラエティ番組「探偵!ナイトスクープ」(朝日放送)で放送されたある“依頼”が、大きな反響を呼んでいる。

『探偵! ナイトスクープ』の“感動モノ”にはめっぽう弱く、すぐに大泣きしてしまう僕ですが、今回のは申し訳ないけど正直言って「?」という感じでした。
“依頼”の内容は「10年以上口をきいていない父と母」。
番組が進む中で、会話をしていない期間は23年間に上ることが明らかになるのだが、この放送回がほかの地域でも遅れて放送されると、そのたびにTwitterやFacebookなどで「感動した」との声が次々と上がっているようだ。

■23年間会話ない夫婦に大反響「ナイトスクープ」“神回”の声も| Narinari.com

みんなの声は「感動した」というのがほんと多くて、僕は自分の感性がおかしいんじゃないかと思ってしまいます。


“依頼”の内容はこうだ。
奈良県に住む18歳の男性の両親は、すでに10年以上会話をしていないという。
自身が物心ついたときには会話をしておらず、両親が話している姿を見たことがない。
母→父(※母が一方的に話し、父は無視)、父→子(※楽しそうに話す)の会話はあるのに、父→母の会話はおろか返事ひとつない謎を解明して欲しい――という依頼だ。

■23年間会話ない夫婦に大反響「ナイトスクープ」“神回”の声も| Narinari.com

担当の探偵はお笑い芸人の竹山隆範。
竹山は依頼者の男性と、2人の姉、母、父それぞれに話を聞き、なぜそうした事態に陥ったまま23年間もの月日が流れたのかを解明していくが、父の口から語られた“会話をしない理由”は、意外なものだった――。

■23年間会話ない夫婦に大反響「ナイトスクープ」“神回”の声も| Narinari.com

23年間ですよ! そんなバカな!?

いくつかのコメントにもありましたけど、
「じゃあ、3人目の子作りは、無言で黙々とやったの?」
って、つい聞きたくなってしまいます。


5日の放送後から、ネットでは「感動した」「すごく良かった」「泣いたけど笑った」「こんな夫婦実際にいるのか」といった声が続々。
そして、「ナイトスクープはやっぱり神番組」「これ間違いなく神回だろ」と、番組への絶賛も相次いでいる。

■23年間会話ない夫婦に大反響「ナイトスクープ」“神回”の声も| Narinari.com

「神番組」ということには異存はありませんけど、「神回」とは、僕の中では言えないんですよねぇ……。


 
こちらがその動画。

探偵 ナイトスクープ 23年間会話のない夫婦

※パスワードは kaiwanai

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

探偵! ナイトスクープ
結局、理由は「スネていた」と、お父さん。
探偵! ナイトスクープ
引っ込みがつかないまま23年間……。
探偵! ナイトスクープ
理由を探偵から聞かされた子どもたちは爆笑。
こんな異質な関係の両親のもとで育ったのに、ほんとにいい子たちだと、その点にはいたく感動しました。
探偵! ナイトスクープ
そして公園で久しぶりに会話を始める両親。
探偵! ナイトスクープ
ここでお姉ちゃんたちが大泣き。
ここでは僕だって大いに泣けましたよ。
でも今回の“感動ポイント”はここだけなんですよねぇ。

どうして僕は感動できなかったのか……?
考えてみたんですけど、ひとつ屋根の下に暮らして23年も会話が無いということ、そしてそれがもしこの番組に依頼しなかったら一生続いたかもしれない……という、なんというか “恐怖” みたいなものを感じてしまって、それが障壁になった気がします。

だってさ、失われた23年は絶対に戻らないんだよ!


救いなのはお母さんの明るさですね。

お父さんからは何も話してはくれないけど、お母さんだけが感じられる「お父さんからの愛情」があったのだなぁ、と思います。 いや、思いたい。


スポンサーリンク
スポンサーリンク


今回、“神回”という話が出たので、僕にとっての『探偵! ナイトスクープ』の“神回”を思い返してみました。

すぐに思いついたのが、以下の4つです。




おじいちゃんはルー大柴


【おじいちゃんはルー大柴】
2003年11月21日放送、探偵は桂小枝。
依頼者の娘である中学生が大のおじいちゃん子であり、そのおじいちゃんはルー大柴にそっくりという。しかし、おじいちゃんが他界した後、娘に元気がないため、ぜひルーさんを娘に会わせてほしいという依頼。
実際にルーと対面した依頼者の娘は一緒に話をしたり、夕食を作るなどごく自然に過ごし、またルーも普段のキャラを封印し、祖父として接した。
その結果、娘がルーに対し「おじいちゃん」と無意識に呼びかけるシーンや、「夢を見ているみたい」とつぶやく場面もあった。
この様子をモニターで見ていた依頼者とその母はたまらず落涙。横にいた桂小枝も涙を流すという、異例の事態となった。
家族と別れるときにはルー自身もたまらず涙した。
VTRを見た西田局長が最後につぶやいた「ルーさんって、ホンマはエエ人なんやねえ…」という言葉どおり、関西においてルーの好感度は目に見えて上昇したという。
また、ルー自身ものちにこのときのことを振り返って「今までいろんな仕事してきたけど、この番組は本当にすばらしい番組ですよ」と語っている。近年の大感動ネタにあげられるひとつ。
後に2007年5月18日放送の『笑っていいとも!』のテレフォンショッキングのコーナーにルーが出演した際、依頼者の娘から電報が届き、この時のエピソードを語っている。
2007年12月14日放送分でルー自身が「(再ブレイクの)始まりはこの番組からでした」と語っており、ルー自身も「ナイトスクープ」が再ブレイクのきっかけと認識している。

■探偵!ナイトスクープ - Wikipedia


何度見ても泣く! 泣かずにはいられない!

これはルー大柴の好感度上がりますわ。上がらずにはいられない!


スポンサーリンク
スポンサーリンク


亡き父にそっくりな飯田選手(1)


亡き父にそっくりな飯田選手(2)


【亡き父にそっくりな飯田選手】
長崎県の男性(18)からの依頼。
7年前に亡くなった父は、元プロ野球選手の飯田哲也さんにそっくりで、中学の野球部の監督だった。
父とのキャッチボールが一番の思い出だが、6歳下の弟にはそれがない。
飯田さんに弟とキャッチボールをしてもらえないか。

必死に涙をこらえる弟に、こちらが大泣き。

いいお父さんだったんでしょうね。そして飯田選手もいい人だ。

レイテ島からの葉書


【レイテ島からの葉書】
大阪府の男性(65)からの依頼。
私の父は新婚5ヵ月で召集され、フィリピンのレイテ島に出征し、私が生まれた昭和20年1月には、すでに戦死していたようだ。
女手一つで私を育てた母の苦労は並大抵ではなかったが、その母も5年前に他界した。
母の遺品を整理していて、出征した父からの葉書を2枚見つけた。
それは鉛筆書きで、母が何度も読み返したためか、かなり磨り減っている。
1枚は何とか読めたが、もう1枚はほとんど読めない。
しかしその中に「身重であるお前」と読める箇所を発見した。
父は母が私を身ごもっていたことを知っていたのか。それとも、知らずに逝ってしまったのか。父の葉書をなんとか判読してもらえないか。

昔の人は偉かった。と思わずにはいられません。

まず、30歳そこそこでこんな手紙を残せること自体に畏怖します。

「心引かるる妊娠の妻」を残して、我が子の顔を見ることなく、その無念さはいかほどだったか……。

僕なんぞには窺い知ることはできません。


スポンサーリンク
スポンサーリンク


おっさんと少年の友情


【おっさんと少年の友情】
大阪府の主婦からのご依頼。
勤めていた会社が倒産し塞ぎ込む夫を、かねてからの夢だった「北海道でオートバイのツーリングをする」を実現する機会だと送り出した。
北海道からの帰路、函館から青森までのフェリー内で、たまたま隣にいた小学生の男の子に、会社が倒産した事や旅に出た男のロマンなどを語った。
夫は「旅の思い出の写真を送るから」と少年に約束。
帰宅した夫は、写真を編集したDVDとUSJで買ったターミネーターのケースに入ったキャンディーを少年に送った。
変に気を遣わせまいと、こちらの住所は大阪とだけ書き、ワイルドに終わらせた(つもりだった)。
今は再就職して頑張っている夫だが、少年がDVDを見てくれたのか、見てどう思ったのかが気になって仕方がないようだ。
どうか夫だと分からないようにして、DVDの感想を少年から聞きだしてもらえないか。

これぞ泣き笑いの傑作!

ワイルド君(笑)が鼻をすすり出すところからは、観ているこっちも参ってしまう。

おっさんもいい人だけど、出会ったこの子もすっごくいい子だったから、こんな感動巨編が成立するのですね。


よしっ! 僕も感動的な出会いを求めて、連休にフェリーに乗りに行こう!

待ってておくれ! 純真な小学生たちよ!

ひで爺
みんな、とりあえず逃げてー!

スポンサーリンク
投稿者:館長 | 探偵! ナイトスクープ 23年間会話ない夫婦が話題。でも“神回”はこの4つでしょ。
2013年04月29日(月曜日)
■コメントを投稿する | トラックバック (0) | EDIT


■コメントフォーム

探偵! ナイトスクープ 23年間会話ない夫婦が話題。でも“神回”はこの4つでしょ。
―― へのコメント。
コメントはこのブログではなくロビー(BBS)に投稿されます。
1回投稿するとコメント以外が60日間Cookieに保存されます。
保存はされますが見た目だけは各欄が空欄のままになります。
お名前のみが必須記入事項です。あとは空欄で構いません。
コメントに「http://」を書くと投稿不可です。(スパム防止)
コメントにURLを書く時は「http://」無しで書いてください。
※ メールアドレスは公表されませんのでご安心ください。

お名前
Mail
URL
都道府県
お手数かけますが、スパム防止策です。
○○の部分をひらがなで書いてください。
♪夕焼けこやけの○○とんぼ
コメント
※送信するとBBSページが開きます。


■この記事のトラックバックURL:



ご注意:トラックバックを送信してもすぐにはこの記事に反映されませんが、このページに反映されれば成功です。
■トラックバック
トゥイッター
(カッコよく言ってみました)
最近の人気記事TOP10
スポンサード・リンク

最近の記事じゃ
月別の記事じゃ
▼ クリックで開閉
▲ クリックで開閉
古山館
(館長の祖父の篆刻作品集)
古山館
ひで爺 心の詩
ひで爺 心の詩
※クリックで当該記事へ
私のお墓の前で
○○ないでください
伝言くん
館長へのメール
名前
Mail
性別 女性  男性
都道
府県
伝言
すべての欄にご記入ください。
送信ボタン押すと新ウインドウが開きます。
正常送信されますとご自分にも自動返信が届きます。
ご自分にメールが届かない時は館長にも届いておりませんので、もう一度お送りくださるようお願いいたします。
ブログパーツ