2013年10月17日(木曜日)

ボクのおとうさんは、桃太郎というやつに殺されました。

スポンサーリンク

前略

桃から生まれたら「桃太郎」になるんなら、母から生まれたら「母太郎」にならなきゃおかしくね? の館長です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



つまり、この世の男はみな、「母太郎」なのです。


そんなことは置いといて……。





 


一瞬、ギョッとするコピーのこの作品は、2013年度新聞広告クリエーティブコンテストの最優秀作品。

タイトルは「めでたし、めでたし?」で、コピーは、

『ボクのおとうさんは、桃太郎というやつに殺されました。』

イメージ最優秀作品「めでたし、めでたし?」


■ 新聞広告クリエーティブコンテスト 2013年度入賞作品

リンク先サムネイル桃太郎に父親を殺されたという鬼の子どもを描いた最優秀賞の「めでたし、めでたし?」は、審査委員から「鬼の子どもにとってはそうなんだ、と読み手の心に小石を投げるような作品だ」「“逆からの視点”で幸せとは何かを考えさせる発想が抜きんでている」「新聞協会が選ぶ広告コンテストのグランプリにふさわしい、エッジの効いた作品だ」と高く評価されました。

今回のコンテストのテーマは「しあわせ」。

ある人にとってしあわせと感じることでも、別の人からみればそう思えないことがあります。
反対の立場に立ってみたら。ちょっと長いスパンで考えてみたら。別の時代だったら。どの視点でその対象を捉えるかによって、しあわせは変わるものだと考えました。
そこで、みんなが知っている有名な物語を元に、当たり前に使われる「めでたし、めでたし。」が、異なる視点から見ればそう言えないのでは?ということを表現しました。

僕は子供の頃からこの「桃太郎」の話を聞くと、「これじゃあまりにも鬼が可哀想」と思う、変な子供でした。


以前このブログでも書きました。

■ 台風コロッケとか語り継ぎたい昔話とか|【がらくたチップス】

リンク先サムネイル桃太郎なんて、あんなヒドい話も無いと思いますよ。

あながち冗談でなく、本気でこう思ってるところもあるのです。


結局、暴力をもって解決しているに過ぎない桃太郎の、どこに教訓を見い出せばいいのか……。


そんな思いをずっと抱えてきたもんだから、今回の最優秀作品は、まさに「我が意を得たり」といったものでした。



ま、桃太郎に限らず昔話なんてどれもツッコミどころは満載なわけでして、そんな受け止め方をするのではなく、全体を通して教訓となるところを見つけ、活かしていくものだということは分かっておりますのよ。


ただ、今回の作品のように、誰か(主に主人公)にとっての「めでたし、めでたし」が、他の誰かにとっての「めでたくなし」である可能性を考えてみるのは、大事なことかもしれないな、と思うのです。

ひで爺
誰かの「めでたくなし」が、自分にとっての「めでたし」だっていう人も、たまにいるね。可哀想に。
《するぷろ for iPhone からの投稿》


スポンサーリンク
投稿者:館長 | ボクのおとうさんは、桃太郎というやつに殺されました。
2013年10月17日(木曜日)
■コメントを投稿する | トラックバック (0) | EDIT


■コメントフォーム

ボクのおとうさんは、桃太郎というやつに殺されました。
―― へのコメント。
コメントはこのブログではなくロビー(BBS)に投稿されます。
1回投稿するとコメント以外が60日間Cookieに保存されます。
保存はされますが見た目だけは各欄が空欄のままになります。
お名前のみが必須記入事項です。あとは空欄で構いません。
コメントに「http://」を書くと投稿不可です。(スパム防止)
コメントにURLを書く時は「http://」無しで書いてください。
※ メールアドレスは公表されませんのでご安心ください。

お名前
Mail
URL
都道府県
お手数かけますが、スパム防止策です。
○○の部分をひらがなで書いてください。
♪夕焼けこやけの○○とんぼ
コメント
※送信するとBBSページが開きます。


■この記事のトラックバックURL:



ご注意:トラックバックを送信してもすぐにはこの記事に反映されませんが、このページに反映されれば成功です。
■トラックバック
トゥイッター
(カッコよく言ってみました)
最近の人気記事TOP10
スポンサード・リンク

最近の記事じゃ
月別の記事じゃ
▼ クリックで開閉
▲ クリックで開閉
古山館
(館長の祖父の篆刻作品集)
古山館
ひで爺 心の詩
ひで爺 心の詩
※クリックで当該記事へ
私のお墓の前で
○○ないでください
伝言くん
館長へのメール
名前
Mail
性別 女性  男性
都道
府県
伝言
すべての欄にご記入ください。
送信ボタン押すと新ウインドウが開きます。
正常送信されますとご自分にも自動返信が届きます。
ご自分にメールが届かない時は館長にも届いておりませんので、もう一度お送りくださるようお願いいたします。
ブログパーツ