がらくたクリップ
2015年03月20日(金曜日)

松本麗華(オウム・松本智津夫死刑囚の三女/アーチャリー)の実名・顔出しインタビューについて思うこと

前略

「NEWS ZERO」は、偏見ZEROでやってほしいですね。

の館長です。

松本麗華(オウム・松本智津夫死刑囚の三女)が実名・顔出しインタビュー


オウム真理教による地下鉄サリン事件から20年となる今日、3月20日。

その前日に、松本死刑囚の三女で、かつて「アーチャリー」と呼ばれた松本麗華(まつもとりか)氏が、実名・顔出しで「NEWS ZERO」のインタビューに応じていました。




松本麗華(オウム・松本智津夫死刑囚の三女/アーチャリー)の実名・顔出しインタビュー

松本麗華(オウム・松本智津夫死刑囚の三女)が実名・顔出しインタビュー

今回インタビューを受けようと決意した理由は?

松本麗華(オウム・松本智津夫死刑囚の三女)が実名・顔出しインタビュー
松本麗華(オウム・松本智津夫死刑囚の三女)が実名・顔出しインタビュー
松本麗華(オウム・松本智津夫死刑囚の三女)が実名・顔出しインタビュー
松本麗華(オウム・松本智津夫死刑囚の三女)が実名・顔出しインタビュー
松本麗華(オウム・松本智津夫死刑囚の三女)が実名・顔出しインタビュー
松本麗華(オウム・松本智津夫死刑囚の三女)が実名・顔出しインタビュー

地下鉄サリン事件について知っていたか?

松本麗華(オウム・松本智津夫死刑囚の三女)が実名・顔出しインタビュー
松本麗華(オウム・松本智津夫死刑囚の三女)が実名・顔出しインタビュー
教団の99%の人は知らなかっただろうとのこと。

松本死刑囚逮捕の日の様子

松本麗華(オウム・松本智津夫死刑囚の三女)が実名・顔出しインタビュー
逮捕のときのことを話すと涙を流した。
松本麗華(オウム・松本智津夫死刑囚の三女)が実名・顔出しインタビュー
松本麗華(オウム・松本智津夫死刑囚の三女)が実名・顔出しインタビュー
松本麗華(オウム・松本智津夫死刑囚の三女)が実名・顔出しインタビュー

14歳の頃の心境

松本麗華(オウム・松本智津夫死刑囚の三女)が実名・顔出しインタビュー
14歳のときに心境をつづったメモ。
松本麗華(オウム・松本智津夫死刑囚の三女)が実名・顔出しインタビュー
松本麗華(オウム・松本智津夫死刑囚の三女)が実名・顔出しインタビュー
松本麗華(オウム・松本智津夫死刑囚の三女)が実名・顔出しインタビュー
松本麗華(オウム・松本智津夫死刑囚の三女)が実名・顔出しインタビュー
松本麗華(オウム・松本智津夫死刑囚の三女)が実名・顔出しインタビュー

2004年、9年ぶりに父である松本死刑囚と面会が叶う

松本麗華(オウム・松本智津夫死刑囚の三女)が実名・顔出しインタビュー
松本麗華(オウム・松本智津夫死刑囚の三女)が実名・顔出しインタビュー
松本麗華(オウム・松本智津夫死刑囚の三女)が実名・顔出しインタビュー
9年ぶりに会った父の印象は、「車いすに乗った小さなおじいちゃん」。
松本麗華(オウム・松本智津夫死刑囚の三女)が実名・顔出しインタビュー
面会の際の会話メモ。

麗華氏が「調子どう?」と聞くも、松本死刑囚は「う゛ん」「う゛ん」と唸るように答えるのみ。

松本麗華(オウム・松本智津夫死刑囚の三女)が実名・顔出しインタビュー
終始、腕や脚をさすってばかりだったという。
松本麗華(オウム・松本智津夫死刑囚の三女)が実名・顔出しインタビュー
その父の様子に麗華氏は絶望。
松本麗華(オウム・松本智津夫死刑囚の三女)が実名・顔出しインタビュー
こうした“希望”はすべて“絶望”に変わったようだ。
松本麗華(オウム・松本智津夫死刑囚の三女)が実名・顔出しインタビュー
それほどまでに、松本死刑囚は意思の疎通ができなくなっていた。
松本麗華(オウム・松本智津夫死刑囚の三女)が実名・顔出しインタビュー
それでも現在も月に1回は拘置所へ。
松本麗華(オウム・松本智津夫死刑囚の三女)が実名・顔出しインタビュー
しかし、2008年以降、会えない状態が続いている。

麗華氏の現在

松本麗華(オウム・松本智津夫死刑囚の三女)が実名・顔出しインタビュー
今は、二女と弟(長男)と、親代わりの元教団関係者と同居。他の兄弟とは疎遠。母とは断絶。
松本麗華(オウム・松本智津夫死刑囚の三女)が実名・顔出しインタビュー
松本麗華(オウム・松本智津夫死刑囚の三女)が実名・顔出しインタビュー
アルバイトなどで生計を立てるが、「麻原彰晃の娘」であることは周りの人はほとんど知らない。

教団との関係は?

松本麗華(オウム・松本智津夫死刑囚の三女)が実名・顔出しインタビュー
松本麗華(オウム・松本智津夫死刑囚の三女)が実名・顔出しインタビュー
松本麗華(オウム・松本智津夫死刑囚の三女)が実名・顔出しインタビュー
松本麗華(オウム・松本智津夫死刑囚の三女)が実名・顔出しインタビュー
松本麗華(オウム・松本智津夫死刑囚の三女)が実名・顔出しインタビュー
麗華氏は「関係ない」と語るも、公安調査庁は麗華氏をアレフの「現職の役員」と認定。
松本麗華(オウム・松本智津夫死刑囚の三女)が実名・顔出しインタビュー
これに対し麗華氏は公安調査庁を提訴。

父・松本死刑囚について。“指示”はあったのか?

松本麗華(オウム・松本智津夫死刑囚の三女)が実名・顔出しインタビュー
松本麗華(オウム・松本智津夫死刑囚の三女)が実名・顔出しインタビュー
松本麗華(オウム・松本智津夫死刑囚の三女)が実名・顔出しインタビュー
松本麗華(オウム・松本智津夫死刑囚の三女)が実名・顔出しインタビュー
松本麗華(オウム・松本智津夫死刑囚の三女)が実名・顔出しインタビュー
松本麗華(オウム・松本智津夫死刑囚の三女)が実名・顔出しインタビュー
松本麗華(オウム・松本智津夫死刑囚の三女)が実名・顔出しインタビュー
松本麗華(オウム・松本智津夫死刑囚の三女)が実名・顔出しインタビュー
松本麗華(オウム・松本智津夫死刑囚の三女)が実名・顔出しインタビュー
松本麗華(オウム・松本智津夫死刑囚の三女)が実名・顔出しインタビュー
松本麗華(オウム・松本智津夫死刑囚の三女)が実名・顔出しインタビュー
松本麗華(オウム・松本智津夫死刑囚の三女)が実名・顔出しインタビュー
松本麗華(オウム・松本智津夫死刑囚の三女)が実名・顔出しインタビュー
松本麗華(オウム・松本智津夫死刑囚の三女)が実名・顔出しインタビュー
松本麗華(オウム・松本智津夫死刑囚の三女)が実名・顔出しインタビュー
松本麗華(オウム・松本智津夫死刑囚の三女)が実名・顔出しインタビュー
松本麗華(オウム・松本智津夫死刑囚の三女)が実名・顔出しインタビュー
松本麗華(オウム・松本智津夫死刑囚の三女)が実名・顔出しインタビュー
ここでこの日2度目の涙を流す。
松本麗華(オウム・松本智津夫死刑囚の三女)が実名・顔出しインタビュー
涙を流してはいたが、被害者のことを思っての涙とは受け取れなかった。

自分のことを大切にしてくれた人たち(教団の信者)が重大事件を起こしてしまったことについての“やりきれなさ”からの涙に見えた。
(これこそは僕の勝手な印象ですが、おそらく図星だという自信はあります)




以上でインタビューは終了。




スタジオにはオウム事件に長年関わってきた紀藤正樹弁護士と下川美奈デスク。

松本麗華(オウム・松本智津夫死刑囚の三女)が実名・顔出しインタビュー

お2人とも、今回、麗華氏が自ら実名・顔を出して取材に応じたことについては、「一歩踏み出した」として評価。


【下川美奈デスク】
「ただ、彼女の妹(四女)は、この日、父の罪の重みや被害者への謝罪をつづったファックスをメディア宛に送ってきている。それに比べ麗華さんはまだ現実を見ていない。特に父親の罪については、直視していない印象を持った」


【紀藤弁護士】
「松本死刑囚の事件関与というのは、裁判でも認定されているとおり、裁判官も13人も死刑囚を出して、そこで認定している事実から見ると、やっぱり客観的にも動かしようのない事実。そこについて彼女が分からないと言い続けているかぎりは……。
やはり、遺族に対して『分からない』ではなくて、少なくとも謝罪であるとかね、申し訳ない気持ちというものを、もう少し出していただきたいなと思う」




そしてこのコーナーの締めは、メインキャスター・村尾信尚氏のコメント。

松本麗華(オウム・松本智津夫死刑囚の三女)が実名・顔出しインタビュー
「えー、松本麗華さん、確かに自分自身が事件に関わったわけではありませんけれども、被害者の方へのお詫びの言葉が無かったのは、残念に感じました」




こうした放送内容に対しては、以下のような意見があった。

この放送見たけど、確かに取材してたディレクター?のインタビュアーも、スタジオのコメンテイターもキャスターも、集団でボロクソに言ってた。
ZEROは偏向報道だって言われてた理由がやっと解った。
まるで加害者本人と同罪のような物言いで印象操作してるんじゃないのか?
加害者の親ならまだしも、当時小学生の子供だ。
「父親がサリンの指示をしたと思うか?」
『父と何も会話できない今は、真実を確かめようがないから分からない』
って受け答えをして、なんで「現実から逃げてる」「事の深刻さが分かってない」「何で謝らないんだ」ってコメントができるのか?
被害者側に叩かれるのが嫌だからって、簡単に加害者関係者まで極悪人にしてはいけないと思う。

……このように、麗華氏がどうこう以前に、番組の作り方に極端な偏りがあったとする意見がかなり目についた。


その点については僕も同感。

NEWS ZEROはまず、「麗華氏にも罪がある。被害者に謝罪すべき」ということを前提で制作していたように感じた。


麗華氏のことを、人がそれぞれどのように思おうと自由だけど、報道番組がここまで公平を失するのは危険な気がする。


そのくせしっかりと麗華氏の本の宣伝は怠らないし……。

松本麗華著「止まった時計」

何か“取引”があったのかと思わせますよねぇ。あったんだろうけど。


こういうことされると、いろいろと番組を信じられなくなるけど、ここは我慢しときます。




一方、麗華氏自身についての「肯定」と「否定」意見を一部取り上げると……。

【肯定】

・当時12歳の彼女もまた被害者の一人だ。

・親は選べない、娘には責任はない。

・犯罪者の家族だからといって、犯罪者と同じ罪を背負って生きていかなくてはいけないの?親ならともかく、子供だった彼女にそれを求めるのは間違ってる。
【否定】

・父親がしたことを娘に全て押し付けるのは間違っているが、松本麗華が本を出して、気持ちわかって的なことを述べるのも間違ってる。被害者の気持ちを逆なでする、傷つける行為。

・認めないのはまだ信者だからか? 結局は本の宣伝で金儲けしようとしてる。被害者ぶってはいけない。

・親がした事でも、謝罪の気持ちは必要だ。


僕はこれらの意見それぞれごもっともなところはあると思う。

のんきに「ごもっとも」なんて言ってられるのは、僕が当事者ではないからなのだろう。

僕が被害者だったら、たぶん犯人の家族までも同罪として憎むだろうし、頭では分かったとしても心が許さないだろう。


逆に、僕が麗華氏の立場だったら、自分の父をかばうかもしれないし、父は父、自分は自分、と思ってもらおうとするかもしれない。


実際は僕はただの第三者。だから上記の“賛否”について、どちらにもうなずけるなんてことができてしまうんだ。


ただ、たとえ自分に非がなかったとしても、自分の家族が悪いことをしたら、謝るのが普通だとは思う。

謝る“べき”とか云々じゃなく、謝るものなのだ、普通は。

それを、麗華氏はしない。


例えば、まったく心にもないとしても、謝っておいたほうが“得策”と考えて謝る手もあるし、そんなことは彼女も分かっているだろう。

でも謝らない。


四女である妹が謝罪のファックスをメディアに送ったことはおそらく知っているだろう。

でも謝らない。


僕は彼女のこの“謝らなさ”に、覚悟と諦めみたいなものを感じた。


冒頭に「麻原彰晃の娘として生きていこうという気持ちになった」とあるように、もう一生、松本死刑囚の三女として、元アーチャリーとして、オウム関係のことで生計を立てていくしかない――そんな覚悟というか、諦め。


アルバイトなどで生計を立て、周囲の人には“三女”と知られないように生きてきた彼女が、今回、実名・顔出しでテレビに出れば、当然、もうこれからはみんなの知るところとなる。

こうなれば、今までのようにアルバイトもおいそれとはできないだろう。

ならば、もう“三女”として、“三女”を使って生きていくしかない。


そう生きていくしかない彼女を「かわいそう」と感じもするが、言いたくはない。

被害者は、どう生きていくか以前に、生きていくこと自体を奪われているんだから。




改めて、亡くなった方々のご冥福をお祈りするとともに、被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。

ひで爺
不幸しか生まないことを、なぜやったのか…?

スポンサーリンク

投稿者:館長 | 松本麗華(オウム・松本智津夫死刑囚の三女/アーチャリー)の実名・顔出しインタビューについて思うこと
2015年03月20日(金曜日)
■コメントを投稿する | トラックバック (0) | EDIT


■コメントフォーム

松本麗華(オウム・松本智津夫死刑囚の三女/アーチャリー)の実名・顔出しインタビューについて思うこと
―― へのコメント。
コメントはこのブログではなくロビー(BBS)に投稿されます。
1回投稿するとコメント以外が60日間Cookieに保存されます。
保存はされますが見た目だけは各欄が空欄のままになります。
お名前のみが必須記入事項です。あとは空欄で構いません。
コメントに「http://」を書くと投稿不可です。(スパム防止)
コメントにURLを書く時は「http://」無しで書いてください。
※ メールアドレスは公表されませんのでご安心ください。

お名前
Mail
URL
都道府県
お手数かけますが、スパム防止策です。
○○の部分をひらがなで書いてください。
♪夕焼けこやけの○○とんぼ
コメント
※送信するとBBSページが開きます。


■この記事のトラックバックURL:



ご注意:トラックバックを送信してもすぐにはこの記事に反映されませんが、このページに反映されれば成功です。
■トラックバック
トゥイッター
(カッコよく言ってみました)
最近の人気記事TOP10
1ヶ月の人気記事TOP20
スポンサード・リンク

最近の記事じゃ
月別の記事じゃ
▼ クリックで開閉
▲ クリックで開閉
古山館
(館長の祖父の篆刻作品集)
古山館
ひで爺 心の詩
ひで爺 心の詩
※クリックで当該記事へ
私のお墓の前で
○○ないでください
伝言くん
館長へのメール
名前
Mail
性別 女性  男性
都道
府県
伝言
すべての欄にご記入ください。
送信ボタン押すと新ウインドウが開きます。
正常送信されますとご自分にも自動返信が届きます。
ご自分にメールが届かない時は館長にも届いておりませんので、もう一度お送りくださるようお願いいたします。
ブログパーツ