2008年10月01日(水曜日)

「あかのれん」「はたご亭」――祭りのあとの淋しさ。

スポンサーリンク

前略、祭りのあとの淋しさが、たまらなく苦手な館長です。


祭りのあとの 淋しさが
いやでも やってくるのなら

祭りのあとの 淋しさは
たとえば 女でまぎらわし

……と歌ったのは吉田拓郎ですが、

僕は非常に残念なことにそんなオナゴがいませんので、酒で紛わせました。

いいんです、酒で。

吉田拓郎からいきなり吉幾三の「酒よ」になってしまいました。

わかるよ なァ酒よ〜♪

 

この前(といってももうけっこう前になりますが)、板橋は仲宿のお祭りに行ってきました。


祭り

氷川神社例祭です。
まぁ実際は、どんなお祭りか、なんてことも知らずに行ったんですけど…。
というか、祭りがやってたから行った、が正解。
「ムシャクシャして行った」わけではない…。

祭り

神輿が練り歩く。
祭り

日が暮れても練り歩く。
あかのれん

で、祭りのあとの淋しさを紛らすために、この日は「あかのれん」で飲むのでした。
あかのれん

ここの季節野菜のサラダはけっこう美味しい。
あかのれん

塩モツを食べて、そろそろ淋しさも紛れてきたかな、といったところ。
はたご亭

でも、やっぱり淋しさが募ったので、店を出てすぐはす向かいの「はたご亭」でワインをいただきます。
「あかのれん」と「はたご亭」は姉妹店だからいいのだ。 って、何がいいのだ?
はたご亭

またサラダかよっ!
いえ、どうしても日頃は野菜不足なもので…。
つーか、弊社関連会社がやってる自然食品の店から有機野菜を仕入れているご縁で、やっぱりサラダを食べないわけにはいかないのだ。
はたご亭

オムレツもしかり。
弊社関連自然食品店から仕入れたこだわり卵を使用しておるのです。
美味い! 美味すぎるのだ!
こんな卵なら、僕も産んでみたい。

「はたご亭」を出ても、まだちょっと淋しさが残ってましたので、どこか寄っちゃおうかなぁ、と思いましたが、とりあえずおとなしく帰りました。


ひで爺
そんなに淋しくなるなら、祭りに行くな!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク
投稿者:館長 | 「あかのれん」「はたご亭」――祭りのあとの淋しさ。
2008年10月01日(水曜日)
■コメントを投稿する | トラックバック (0) | EDIT


■コメントフォーム

「あかのれん」「はたご亭」――祭りのあとの淋しさ。
―― へのコメント。
コメントはこのブログではなくロビー(BBS)に投稿されます。
1回投稿するとコメント以外が60日間Cookieに保存されます。
保存はされますが見た目だけは各欄が空欄のままになります。
お名前のみが必須記入事項です。あとは空欄で構いません。
コメントに「http://」を書くと投稿不可です。(スパム防止)
コメントにURLを書く時は「http://」無しで書いてください。
※ メールアドレスは公表されませんのでご安心ください。

お名前
Mail
URL
都道府県
お手数かけますが、スパム防止策です。
○○の部分をひらがなで書いてください。
♪夕焼けこやけの○○とんぼ
コメント
※送信するとBBSページが開きます。


■この記事のトラックバックURL:



ご注意:トラックバックを送信してもすぐにはこの記事に反映されませんが、このページに反映されれば成功です。
■トラックバック
トゥイッター
(カッコよく言ってみました)
最近の人気記事TOP10
スポンサード・リンク

最近の記事じゃ
月別の記事じゃ
▼ クリックで開閉
▲ クリックで開閉
古山館
(館長の祖父の篆刻作品集)
古山館
ひで爺 心の詩
ひで爺 心の詩
※クリックで当該記事へ
私のお墓の前で
○○ないでください
伝言くん
館長へのメール
名前
Mail
性別 女性  男性
都道
府県
伝言
すべての欄にご記入ください。
送信ボタン押すと新ウインドウが開きます。
正常送信されますとご自分にも自動返信が届きます。
ご自分にメールが届かない時は館長にも届いておりませんので、もう一度お送りくださるようお願いいたします。
ブログパーツ