2015年06月18日(木曜日)

【赤羽・板橋 酒場めぐり】立ち飲みからイタリアンまで美味しい楽しい大好き!

スポンサーリンク

前略

お代と記憶は店に置いて帰ります。

の館長です。

山田孝之の東京都北区赤羽
スポンサーリンク
スポンサーリンク

うちから最も近い“酒都”はおそらく「赤羽」。

昼から、というより、朝からやってる酒場もちらほらあるので、何年か前までは1日を通して酔っぱらいが歩いているイメージがありました。

でも、今年はじめに、山田孝之が赤羽で過ごした日々を追ったドキュメンタリーチックなドラマ『山田孝之の東京都北区赤羽』が放送されて以来、キャピキャピのピチピチギャル(古語)が増えている、とのウワサ……。

それはそれで嬉しくもあり、街の雰囲気が変わるとすれば悲しくもあり、飲兵衛としては複雑な思いもありますが、実際のところはどうなのか? ――それを探るべく(口実)、師匠と待ち合わせをしました。




赤羽酒場めぐり 立ち飲みをメインに飲み歩き

リンク
赤羽駅を出ると、この自由の女神。

僕にとっては“不自由の女神”。

飲み過ぎて終電をなくし“自由”を奪われた僕は、何回かこのカプセルホテルのお世話になりました。




この日は「まるます家」に行くには時間が遅すぎてしまったので、以前に行ったときの写真を載せておきます。

ここはもう建物からして大好きなのだ。 いつも思うけど、ご商談・ご家族づれにはそんなに向いてないんじゃないかな〜(笑)。
赤羽・板橋酒場めぐり
お店との約束は必ず守るよ。

飲める本数が限られているので、飲兵衛たちはここでは「ジャン酎」と呼ばれる「チューハイ ハイリキ プレーン」の1000mlを注文する。デカくても1本は1本だから。

そうまでして飲みたいか! と言われれば、飲みたい! と答えるのが飲兵衛。

赤羽・板橋酒場めぐり
やっぱり1階のカウンターがいい。

目立たぬように、さりとて見落とされぬように、周囲の喧騒に身を委ねてクイクイ飲むのがやたらと心地いい。

名物「たぬき豆腐」。

なんでもないこの組み合わせがこんなに美味しいとは、ここでいただくまで思いもしなかった。

活つぶ貝刺身。大好き。 そして「うなぎの蒲焼き」いただきます。


立呑み居酒屋 桜商店

赤羽・板橋酒場めぐり
師匠が来るまではひとりで立ち飲み屋を回ることにしました。

まずは「桜商店」。

赤羽・板橋酒場めぐり
僕は酔っていない。酔ってなんかいないんだ。
赤羽・板橋酒場めぐり
すでにけっこう客がいた。

お店はおばちゃんと若い女の子のふたりで切り盛りしていた。

赤羽・板橋酒場めぐり
ご商談やご家族づれにはテーブルもご用意しております。
赤羽・板橋酒場めぐり
但し、こちらは椅子に座るなら300円のお通し代がかかります。
赤羽・板橋酒場めぐり
おばちゃん、優しかったよ。
赤羽・板橋酒場めぐり
立ち飲み屋の中でもかなり安いほうだと思いますが、いかがでしょう?

相澤めぐみのサイン色紙もあるよ! 誰だか知らないけど。

赤羽・板橋酒場めぐり
おつまみはこんな感じ。
赤羽・板橋酒場めぐり
僕はホッピーと「まぐろぶつ」をもらったよ。
赤羽・板橋酒場めぐり
この焼酎の量!

師匠と合流する前にこんなにやっちゃあいけない。

これは明らかに飛ばし過ぎ! ペース配分を誤った! と、あとで痛感・後悔することになるのを、このときはまだ分かっていなかった。いい加減、分かれよ、自分!

赤羽・板橋酒場めぐり
わりとたくさんのサイン色紙が貼ってあった。ほとんど知らない人だけど……。
赤羽・板橋酒場めぐり
朗報! 板橋にオープンしたらしいぞ!

板橋ならちょくちょく行ける! 飲める! 酔える!

「朗報」は、僕にとっては「悲報」になるのかもしれない。

さて、「桜商店」を出た。

少し歩くと「熟女クラブ」があったが……。

赤羽・板橋酒場めぐり
僕はそんな色香には惑わされないんだ。

しかし、30代でもう「熟女」かぁ……。


立ち飲み いこい 支店

赤羽・板橋酒場めぐり
熟女の色香を振りきって、やってきたのは「立ち飲み いこい」の支店。

本店は案の定ものすごく混んでいたのでこちらへ。

赤羽・板橋酒場めぐり
こちらはまだまだ空いていた。
赤羽・板橋酒場めぐり
暑くもなく寒くもないこの時季、外のテラス席が人気だ。
赤羽・板橋酒場めぐり
ここではビールといわし刺しを注文。
赤羽・板橋酒場めぐり
ここのオヤジさんはちょっと怖いよね。

ま、こういう酒場はそのくらいでいいんだけど。

赤羽・板橋酒場めぐり
代金引換制(オサレに言えば『キャッシュオンデリバリー』だけどここには似合わないので)だから、みんな小銭ジャラジャラで飲んでる。




サクッと飲んで「いこい」をあとにした。

あのオヤジさんに、僕が長っ尻じゃない粋な飲兵衛だとアピールする作戦でもある。

が、オヤジさん、そんな僕のことなど眼中にない。




師匠から、予定より遅れているとの連絡あり。

そこでもう1軒、ひとりがふさわしそうな立ち飲み屋に行こうと考えた。


赤羽・板橋酒場めぐり
途中、ニャンコ3匹が行く手を阻む。

「ここを通るニャら、ニャンかくれー!」と言う。

「僕の管轄は板橋なので、ここ赤羽では勝手なことはできないのだよ」と言うと納得して通してくれた。

(以上、酔っぱらいの小芝居)


立ち飲み 喜多屋

赤羽・板橋酒場めぐり
この日は、今まで来たことがないお店で、どうしても来たいお店が2軒あったのですが、ここ「喜多屋」さんはそのうちの1軒。

赤羽・板橋酒場めぐり
この佇まいが嬉しい。とても嬉しい。
赤羽・板橋酒場めぐり
店内はとにかく活気にあふれている。わりと若い女の子が多く働いていておじさんたちに人気だ。
赤羽・板橋酒場めぐり
携帯電話での通話は禁止。
赤羽・板橋酒場めぐり
こうして見ると狭く感じるけど、酒を飲むぶんにはまったく問題ないのだ。

昔の人はよく言ったものだ。「半畳あれば酒飲める」と……。(言ったか?)

赤羽・板橋酒場めぐり
酔っているときの階段ほど恐ろしい敵はいない。

だからなるべくトイレに行かずに済むように、計画的に飲み進めたいものだ。

赤羽・板橋酒場めぐり
ここでは「ハイボール」190円をもらった。

「ハイボール」といっても、下町のハイボールといえば焼酎の炭酸割り。

いわゆる「ハイボール」は「ウイスキーハイ」として別にあります。

赤羽・板橋酒場めぐり
赤羽・板橋酒場めぐり
興水舎の「アズマ炭酸」で割ります。
赤羽・板橋酒場めぐり
「カシラ」塩と「シロ」たれをいただきます。
赤羽・板橋酒場めぐり
「カシラ」とっても美味しいよ。
赤羽・板橋酒場めぐり
「シロ」すっごく美味しいよ。
赤羽・板橋酒場めぐり
飲み物メニュー。 おつまみメニューの一部。
赤羽・板橋酒場めぐり
この「グラス類高速洗浄マシーン」が素晴らしくてビックリ!

タワシ状のものの上にグラスやジョッキをかぶせると、高速回転して洗浄してくれる未来のマシーンだ。

リンク
猫の手も借りたいときに、猫の手を借りてビシャビシャにならずに済む。
赤羽・板橋酒場めぐり
僕の目の前をふと見ると、「誕生日 “呪い”」カレンダーが。

僕もいつか誕生日を呪われたいな。

赤羽・板橋酒場めぐり
師匠がようやく赤羽に着いたらしいので、ここでお勘定。

しめて670円也。


「シロ」のたれは「シロ た」なのに、「カシラ」の塩が「カシラ S」ってとこがいかしてる!


まるよし

赤羽・板橋酒場めぐり
この日の「どうしても来たいお店2軒」のうちのもう1軒がこの「まるよし」。

赤羽に着いてすぐに店内を覗いてみたときも満員。

そして師匠とともにやってきたこのときも満員……だったけど、そこはさすが師匠!

奇跡的に座れました。

赤羽・板橋酒場めぐり
ここで僕はホッピーに戻します。

師匠はなぜか「角ハイ」。

赤羽・板橋酒場めぐり
メニューのほんの一部。
赤羽・板橋酒場めぐり
名物「キャベ玉」

シンプルなのにうまい! シンプルだからうまい!

赤羽・板橋酒場めぐり
ここで師匠、なぜか「玉ねぎ串揚げ」。

血液サラサラにしようという魂胆か?

赤羽・板橋酒場めぐり
そしてまた師匠、なぜか「アンコウ唐揚げ」

きっと師匠なりの深い考えがそこにはあるのだろう。

赤羽・板橋酒場めぐり
ササッと飲んで食べてお店をあとにします。

さすが師匠、粋な飲みっぷりだね!




「まるよし」を出たら、師匠、なぜか板橋に行くと言い出す。

僕ももうだいぶ酔ったので、自分んちが近いほうがいいと本能的に察したのだろう。

師匠の言うとおり板橋に向かった。


君想ふ暮らし

赤羽・板橋酒場めぐり
もつ焼きファンなら誰もが知る板橋区内に数店舗を構える名店「やきとん ひなた」。

その「ひなた」が、昨年2月、新板橋に出したイタリアンのお店がこちらです。

「君想ふ暮らし」、人呼んで「キミオモ」。


もともと「ひなた」にもイタリアンチックなメニューがあり、それがまたもつ焼きと並ぶ人気を誇る美味しさ。

だから、イタリアンのお店が早晩登場するのは予想できたし、美味しくないわけがないってことも、食べる前から分かっていた、いや、店ができる前から分かっていたのだ。


来たい来たいと思いながら1年以上が経ってしまったけど、やっと来ることができました。

が、やはりお店は混んでいて、無理かなぁ、と一瞬あきらめかけましたが、さすが師匠!

またもやなんとか入り込むことができました。スゴいな師匠ほんと。

店内、けっこう小ぢんまり。 (でもウワサでは今夏に拡充するらしい)
赤羽・板橋酒場めぐり
若いお店に若い店員さん。

でも客の僕らは……。

赤羽・板橋酒場めぐり
やっぱりこういう店にはカップルが似合う……と認めたくないけど認める。
赤羽・板橋酒場めぐり
でも、お一人様もいた、とあとで師匠が教えてくれた。(僕は記憶が消えていた)
赤羽・板橋酒場めぐり
こんなイタリアンなお店で「赤星」に出会えたっ!!

感激して思わず頼んでしまいました。

赤羽・板橋酒場めぐり
師匠は赤ワイン(コセチャ)。
赤羽・板橋酒場めぐり
「パクチーサラダ」

僕ら、香草・香辛料は大好きだから、この倍くらいあってもいいよ!

赤羽・板橋酒場めぐり
「エビのアヒージョ」

僕はインスタントながら自分でちょくちょく作るくらいアヒージョは好きです。

■ 今年流行るらしい「アヒージョの素」を使って作ってみた[館長’s キッチン]

リンク先サムネイル今年はあれですってよ、奥さん! 「アヒージョ」ですってよ! 「アヒージョの素」が流行るらしいざますわよ。 ...

この日はこうして本物のアヒージョを味わい、その極意を盗むことができたので、次回の僕の自作アヒージョにはぜひとも過剰な期待をしてほしい。

赤羽・板橋酒場めぐり
「ポルチーニのビスマルク」

流行りの「俺のイタリアン」に行くと「ポルチーニのビスマルク」にトリュフまで入ってるそうだけど、僕は別にトリュフはいらないんだ。

やせ我慢とかじゃなく、いらないんだ。
入っていたら喜んで食べるけど……。

でもさ、ピザが見えなくなるほどトリュフが入ってたら、みんな大爆笑しちゃうよね。
トリュフ大爆笑とか言ってさ。

あとで師匠から聞いたんだけど、実はこのあともう1軒行ったそうな。
沖縄チックな料理を出してくれるあのお店に。


僕はまったく覚えてないし、写真も1枚も撮っていない。
(こういうことがあるので行った店では必ず写真を撮るようにしているのだけど……。そう、“記憶”より“記録”に残すってやつです)


この日は完全に飲み方を誤りましたが、次回はきっと、もっと上手に飲めると思います。

師匠はじめ、久しぶりに会った方々にもお世話になりました。ありがとうございます。


赤羽〜板橋のディープさの前では、僕なんか赤子同然。(股間が、という意味じゃなく)(まぁ、股間もだけど)

これからも、ゆっくりじっくり勉強させていただきます。


ごちそうさまでした、赤羽さん、板橋さん。 いい街です。




ところで、冒頭に申しました、『山田孝之の東京都北区赤羽』の影響でキャピキャピのピチピチギャル(古語)が増えているかという件……。

実際、そんな感触はなかった……と言っていいかと。


もっとも、それでいいのです、きっと。

変わらないでいてほしいのです、ずっと。

ひで爺
ギャルが増えてもギャルに避けられるから増えた気がしないのだよ残念。


スポンサーリンク
投稿者:館長 | 【赤羽・板橋 酒場めぐり】立ち飲みからイタリアンまで美味しい楽しい大好き!
2015年06月18日(木曜日)
■コメントを投稿する | トラックバック (0) | EDIT


■コメントフォーム

【赤羽・板橋 酒場めぐり】立ち飲みからイタリアンまで美味しい楽しい大好き!
―― へのコメント。
コメントはこのブログではなくロビー(BBS)に投稿されます。
1回投稿するとコメント以外が60日間Cookieに保存されます。
保存はされますが見た目だけは各欄が空欄のままになります。
お名前のみが必須記入事項です。あとは空欄で構いません。
コメントに「http://」を書くと投稿不可です。(スパム防止)
コメントにURLを書く時は「http://」無しで書いてください。
※ メールアドレスは公表されませんのでご安心ください。

お名前
Mail
URL
都道府県
お手数かけますが、スパム防止策です。
○○の部分をひらがなで書いてください。
♪夕焼けこやけの○○とんぼ
コメント
※送信するとBBSページが開きます。


■この記事のトラックバックURL:



ご注意:トラックバックを送信してもすぐにはこの記事に反映されませんが、このページに反映されれば成功です。
■トラックバック
トゥイッター
(カッコよく言ってみました)
最近の人気記事TOP10
スポンサード・リンク

最近の記事じゃ
月別の記事じゃ
▼ クリックで開閉
▲ クリックで開閉
古山館
(館長の祖父の篆刻作品集)
古山館
ひで爺 心の詩
ひで爺 心の詩
※クリックで当該記事へ
私のお墓の前で
○○ないでください
伝言くん
館長へのメール
名前
Mail
性別 女性  男性
都道
府県
伝言
すべての欄にご記入ください。
送信ボタン押すと新ウインドウが開きます。
正常送信されますとご自分にも自動返信が届きます。
ご自分にメールが届かない時は館長にも届いておりませんので、もう一度お送りくださるようお願いいたします。
ブログパーツ