2015年06月09日(火曜日)

ペヤング復活祝賀の儀 一新した容器とお味はいかが?

スポンサーリンク

前略

名前も「ポヤング」とかに変えて再登場するかと思ったよね!

の館長です。

ペヤング復活
スポンサーリンク
スポンサーリンク

いや、誰もそんなこと思わなかったよね!


「ポヤング」だったら、さすがにみんなの心は離れてしまったんじゃないかなぁ。

もちろん、「ピヤング」でも「プヤング」でもダメなのさ。

やっぱり僕らには「ペヤング」なのさ。

ペヤングソース焼きそばCM
「まろやか〜」
「もういっちょいく〜?」

僕はあのときの「まるか食品」の対応は非常に良くなかったと思ってますけど、「ペヤング」には罪はない、とも思っています。

僕が愛してきたのは「ペヤング」であって、「まるか食品」ではないのです。

ですから、やはり「ペヤング」が復活したこと自体はとても嬉しい。




巷ではだいぶ盛り上がっていたようですね。

ペヤング復活




皆さんさっそく召し上がっていたようですが、僕が近所のセブンイレブンに行ったときにはこのとおり……。

ペヤング復活

すでに売り切れ。


その後ちょっと離れた別のコンビニに行ってようやく見つけたので、遅ればせながら復活のお祝いも兼ねて、謹んでいただくことにしました。




ペヤング復活! 新しい容器とお湯切りの使い心地は? そしてそのお味は?

ペヤング復活
買ってきた。

久しぶりに見るキミのルックスはちょっと変わっていた。

ペヤング復活
あのプラスチックのフタの溝は、今もあたかもあるかのように見えるけど、フェイクだ。ただのプリントだ。
ペヤング復活
横を見ても、昔のデザインを忠実に再現してくれてはいるけど、フェイクだ。ただのプリントだ。
ペヤング復活
フィルムを脱がせてみた。

ルパンが変装を脱いだようなこの感じ。

まんまとダマされたとっつぁんの気分なんだ。

ペヤング復活
この姿だけを見ると、それはもはや「ペヤング」ではない。

冗談でなく、「ポヤング」なのかもしれない。

ペヤング復活
中には「かやく」「ソース」「ふりかけ」「スパイス」。
ペヤング復活
開けてみた。 必要以上に開けてみた。

別に疑うわけじゃないけど、中をよーく見てみた。

ペヤング復活
いやほんと、別に疑うわけじゃないけど、麺の部分をよーく見てみた。

ほんと、全然疑ってなんかいないんだから。

ペヤング復活
安心したので(疑ってんじゃん)、かやくを入れた。
ペヤング復活
かやくにも異常は無いようなので(疑ってんじゃん)、お湯を注いだ。
ペヤング復活
まさかこんなフタのペヤングを食べる日が来ようとは……と感慨深さもあったりして。
ペヤング復活
さあ、お湯切りだ。

かつてのペヤングだったら、ここが鬼門。


しかし、以前も書いたけど(→ ペヤングやきそば製造再開は嬉しいがあのフタが無くなり寂しい)、 “だばぁ” を経験し、それを乗り越えてこその一人前ペヤンガーなのに、その “試金石” が消えたことは甚だ残念ではあります。


実際、今回の湯切りはまったく簡単。

どんなに振っても、“だばぁ” なんてありえません。

初心者の方でも手軽に鼻歌まじりで湯切りができます。

ペヤング復活
出来上がり。

あの、ペヤングをペヤングたらしめる、チープな、それでいて深く脳裏に刻まれた懐かしい香りが立ち込める。

ペヤング復活
具も相変わらず。

シャキシャキのキャベツと、うちのカメのエサのようなお肉だ。(失礼な! 味付け鶏ひき肉です)

ペヤング復活
麺も相変わらずの細め。

ソースとの相性もバツグンで、まさに幼なじみといった感じだ。たぶん。

ペヤング復活
ごちそうさまでした。

実においしかったです。

昔から食べてきた味、というものは、やはり強いですね。

今回の販売再開で世間は面白いくらいのお祝いムードですけど、まるか食品さんのほうではきっと浮かれることなく気を引き締めていることでしょう。(そうであってほしいし、そうであるべきでしょうし)


もう2度目はないですもんね。

大企業ではない群馬の一企業が、10億円以上もかけて再出発をしても、もしまた虫1匹入ってしまったら、それですべて水泡に帰すんですから、食品会社って大変だと改めて思うのです。


だって、虫ですよ、虫。

虫に「混入するな」って言ったって、言うこときくわけないですし。


もはや、「食品に混入したがらない虫」など、もっと別の科学の観点から食品への虫混入を防ぐ時代が到来したといっても過言ではないでしょう。


過言か。

ひで爺
妄言だ。


スポンサーリンク
投稿者:館長 | ペヤング復活祝賀の儀 一新した容器とお味はいかが?
2015年06月09日(火曜日)
■コメントを投稿する | トラックバック (0) | EDIT


■コメントフォーム

ペヤング復活祝賀の儀 一新した容器とお味はいかが?
―― へのコメント。
コメントはこのブログではなくロビー(BBS)に投稿されます。
1回投稿するとコメント以外が60日間Cookieに保存されます。
保存はされますが見た目だけは各欄が空欄のままになります。
お名前のみが必須記入事項です。あとは空欄で構いません。
コメントに「http://」を書くと投稿不可です。(スパム防止)
コメントにURLを書く時は「http://」無しで書いてください。
※ メールアドレスは公表されませんのでご安心ください。

お名前
Mail
URL
都道府県
お手数かけますが、スパム防止策です。
○○の部分をひらがなで書いてください。
♪夕焼けこやけの○○とんぼ
コメント
※送信するとBBSページが開きます。


■この記事のトラックバックURL:



ご注意:トラックバックを送信してもすぐにはこの記事に反映されませんが、このページに反映されれば成功です。
■トラックバック
トゥイッター
(カッコよく言ってみました)
最近の人気記事TOP10
スポンサード・リンク

最近の記事じゃ
月別の記事じゃ
▼ クリックで開閉
▲ クリックで開閉
古山館
(館長の祖父の篆刻作品集)
古山館
ひで爺 心の詩
ひで爺 心の詩
※クリックで当該記事へ
私のお墓の前で
○○ないでください
伝言くん
館長へのメール
名前
Mail
性別 女性  男性
都道
府県
伝言
すべての欄にご記入ください。
送信ボタン押すと新ウインドウが開きます。
正常送信されますとご自分にも自動返信が届きます。
ご自分にメールが届かない時は館長にも届いておりませんので、もう一度お送りくださるようお願いいたします。
ブログパーツ