2015年06月08日(月曜日)

フジテレビ「めざましテレビ」がラクして取材しようとTwitter使い総スカンの図

スポンサーリンク

前略

なんだって「やり方」というものがあるよね!

の館長です。

フジテレビ「めざましテレビ」
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Twitterを使って情報や画像提供を依頼することはまったく問題ないと思うのですよ。


でも、そのやり方があんまりだと、あんまりな対応しかされなくなっちゃうでしょう……といういい例を見かけました。



ペヤングソース焼きそば販売再開に際して、「ペヤング爆売り」というコメントとともに、積み上げられたペヤングの写真を投稿した Twitter:knob@一聞は0.01見にしかずさん。


そこへすぐに食いついたのが、「めざましテレビ」スタッフ。

フジテレビめざましテレビの大八木と申します。突然ですが投稿についてお伺いしたくメッセージしました。このツイッターアカウントをフォローして頂き、ダイレクトメッセージでやり取りさせて頂ければ幸いです。宜しくお願い致します。

とコピペで依頼するも……


@mezastaff 嫌です。自分で取材して下さい。

と一蹴されてしまいました。




これには他のTwitterユーザーも、



……と、思わず快哉を叫びました。




すると「めざましテレビ」さん、今度は他のTwitterユーザーを見つけて……

まったく同じコピペ文で依頼。



「めざましテレビ」スタッフのツイートを見てみると……


スパムかと思うくらいの見事な “絨毯爆撃的” 同文ツイート。


これでは嫌われてしまうのも、むべなるかな。




そこで、こんなツイートをもらったほうの身になってみよ、とばかり、皆さんのめざましテレビスタッフへのリプライが続きました。

冒頭にも述べましたが、ネットを使ってこうした依頼をすることは、「手抜き」と言う人もいますけど、僕はそのこと自体はこのご時世ですからいいとは思うんです。

ただ、どうして立派な(はずの)テレビ局の、有名な(はずの)番組アカウントが、こんな杜撰で反感を買うような依頼しかできないのか、それが不思議です。

また、こうしてネットを使ってネタを収集し、ときにそのまま番組にしてしまったりするくせに、いざネット絡みの事件が起きると、手のひらを返して「ネットが悪の温床」みたいに叩く――。

そういう普段の態度も含め、協力したくないという人が出てきているんだと思うのです。


昔みたいに、「テレビに使ってやる」「テレビに出してやる」ってことだけでシッポを振っていた僕らではなくなっているんです!


なくなっていると思うんです!

なくなっているかもしれないんです!


いや、僕はまだシッポ振りそう……。

振ったらゴメン。

ひで爺
弱い。弱すぎる。


スポンサーリンク
投稿者:館長 | フジテレビ「めざましテレビ」がラクして取材しようとTwitter使い総スカンの図
2015年06月08日(月曜日)
■コメントを投稿する | トラックバック (0) | EDIT


■コメントフォーム

フジテレビ「めざましテレビ」がラクして取材しようとTwitter使い総スカンの図
―― へのコメント。
コメントはこのブログではなくロビー(BBS)に投稿されます。
1回投稿するとコメント以外が60日間Cookieに保存されます。
保存はされますが見た目だけは各欄が空欄のままになります。
お名前のみが必須記入事項です。あとは空欄で構いません。
コメントに「http://」を書くと投稿不可です。(スパム防止)
コメントにURLを書く時は「http://」無しで書いてください。
※ メールアドレスは公表されませんのでご安心ください。

お名前
Mail
URL
都道府県
お手数かけますが、スパム防止策です。
○○の部分をひらがなで書いてください。
♪夕焼けこやけの○○とんぼ
コメント
※送信するとBBSページが開きます。


■この記事のトラックバックURL:



ご注意:トラックバックを送信してもすぐにはこの記事に反映されませんが、このページに反映されれば成功です。
■トラックバック
トゥイッター
(カッコよく言ってみました)
最近の人気記事TOP10
スポンサード・リンク

最近の記事じゃ
月別の記事じゃ
▼ クリックで開閉
▲ クリックで開閉
古山館
(館長の祖父の篆刻作品集)
古山館
ひで爺 心の詩
ひで爺 心の詩
※クリックで当該記事へ
私のお墓の前で
○○ないでください
伝言くん
館長へのメール
名前
Mail
性別 女性  男性
都道
府県
伝言
すべての欄にご記入ください。
送信ボタン押すと新ウインドウが開きます。
正常送信されますとご自分にも自動返信が届きます。
ご自分にメールが届かない時は館長にも届いておりませんので、もう一度お送りくださるようお願いいたします。
ブログパーツ