2014年08月12日(火曜日)

【ご報告】削除要請がきたので、あの記事は削除しました

スポンサーリンク

前略

消せと 言われて 素直に消した〜♪

浪花節じゃないよ(ブログ)人生は

の館長です。

浪花節じゃないよ(ブログ)人生は
スポンサーリンク
スポンサーリンク

お問い合わせもいただいたので書くことにします。




「ろくでなし子」さんに関する記事はすべて削除いたしました。

それに類するページもまとめて削除しました。

せっかくアクセスいただいたのに申し訳ございません。


某所から削除要請があったため、やむを得ず従った次第です。



正直な気持ちを言えば、

「この程度のことも書けない世の中じゃ、ポイズン」

という思いはありました。


もっとも、あの記事を正々堂々と会社で見られるか、とか、家族の前で見られるか、と聞かれたら、それは違うとは思います。

でも、もとよりそういう状況で見るのに適したことを書いてるブログじゃありません。

いや、そもそもここに限らず、会社で個人の娯楽ブログなんか見ちゃいけないでしょう。(建前は)

それに、家族揃って楽しめる個人ブログなんて、あったら教えてもらいたいくらいです。見たくないけど。


僕は、このブログは一人でこっそり見てほしいと思って書いてきたんですし、これからもそうでなければ書いていけない。


ありがたいことに、たまにこのブログを「好きです」とメール等くださる方がいるんですが(たまには僕のことも言ってください)、そうした人たちの何人かに共通してたのが、

「一人で楽しんでます。友だちにも教えません」

といった類いのお言葉。


書くほうにしてみれば、「そんなこと言わずに友だちにも教えまくって、じゃんじゃんアクセス増やしてくださいよー」と思うのが普通でしょう。

でも僕は、なんだか、「友だちにも教えず自分だけで楽しみたい」と思われることが最高の賛辞に感じられて、とても誇らしかったんです。


だから、人前で見るとか家族揃って見るとか、そういう“健全さ”はそもそも想定してないし求めてもいない。


だけど……。

だからといってその結果が「削除」では、元も子もない……。


それでもお構いなしに好き勝手を書いていきたいのなら、それこそ紙の日記帳に書くとか、自分のPC上だけでメモ帳にでも書くとか、そうするしかありません。

が、そんなことをしたいわけじゃないのは当然です。

やっぱり、誰かに見てもらいたい思いがあるから、ネット上に公開するわけです。

そしてこの「ネット上に公開」の状態を保つためには、やっぱりそれなりのルールがあり、そのルールに則っていかなければならない――。

イエローカード レッドカード

削除要請が来たとき、今回の記事については確かにややキツい内容であるのは認めますけど、


 そんなにいけないことを書いたのか?

 目的が公序良俗に反しているとでも言うのか?

 こんなものよりもっと見るに堪えないゲス広告とか何とかしてよ!


――などなど、不満はありました。


でも、その不満を相手にぶつけるつもりははなから無く、すんなり素直に削除要請に応じました。


それは、僕が僕ひとりのチカラだけでこのブログを維持できてるわけではないから、です。


人様からサーバーを借りて、人様の作った様々なウェブサービス等を使わせてもらって、それで初めてブログというものが成り立つ――。


自分ひとりじゃ何もできないくせに「好き勝手に書かせてもらいまーす」じゃ、通らない。

納得いかないルールだったとしても、ルールに従わなきゃいけません。

それくらいの良識はあるので、今回はすぐに削除しました。




とはいえ……。


削除したとたん、やる気が無くなってしまいました。

ニャンコ

今までもやる気の変動はそりゃありましたけど、ここまでゼロに近くなったのは初めてです。

記事を削除する、ということ自体、長いことブログやってきましたが初めてのことなので、こんな空虚感も初めて。


特にあの記事は、自分の足で向かい、目で見て、写真を撮り、そして書いた、いわば「レポ」でしたから、それを否定されたカタチとなって、思いのほか効いてるんだと思います。

それに、僕はああいうのを書きたいんですから、あの記事だけにとどまる問題ではないということもあり……。


そんな中、“捧げる”必要があったので(笑)、昨日は「やる気スイッチ」がOFFのまま、見聞記を2つ書きました。

やっぱり全然スムーズに書けなかった……。




まあ、今回は、ろくでなし子さんが逮捕されちゃったことが、僕にとっては不運でした。

逮捕までいかなかったら、ここまで、こんな些末なブログにまで目は及ばなかったんじゃないかと思ってます。


不運を嘆いていても仕方ないから、さあ、気を取り直して! と言いたいところですが、どうにも気が滅入る……。

いや、不運だからこそ、嘆くのです。僕のせいじゃないんだもん……。


いや、逮捕を見通せなかった僕のせいなのか!

それならそれで、余計に滅入るわー。


ダメだ。

悪循環です。

ひで爺
悪循環製薬の「どうするンリンクル」は初めての方にはお売りできません。


スポンサーリンク
投稿者:館長 | 【ご報告】削除要請がきたので、あの記事は削除しました
2014年08月12日(火曜日)
■コメントを投稿する | トラックバック (0) | EDIT


■コメントフォーム

【ご報告】削除要請がきたので、あの記事は削除しました
―― へのコメント。
コメントはこのブログではなくロビー(BBS)に投稿されます。
1回投稿するとコメント以外が60日間Cookieに保存されます。
保存はされますが見た目だけは各欄が空欄のままになります。
お名前のみが必須記入事項です。あとは空欄で構いません。
コメントに「http://」を書くと投稿不可です。(スパム防止)
コメントにURLを書く時は「http://」無しで書いてください。
※ メールアドレスは公表されませんのでご安心ください。

お名前
Mail
URL
都道府県
お手数かけますが、スパム防止策です。
○○の部分をひらがなで書いてください。
♪夕焼けこやけの○○とんぼ
コメント
※送信するとBBSページが開きます。


■この記事のトラックバックURL:



ご注意:トラックバックを送信してもすぐにはこの記事に反映されませんが、このページに反映されれば成功です。
■トラックバック
トゥイッター
(カッコよく言ってみました)
最近の人気記事TOP10
スポンサード・リンク

最近の記事じゃ
月別の記事じゃ
▼ クリックで開閉
▲ クリックで開閉
古山館
(館長の祖父の篆刻作品集)
古山館
ひで爺 心の詩
ひで爺 心の詩
※クリックで当該記事へ
私のお墓の前で
○○ないでください
伝言くん
館長へのメール
名前
Mail
性別 女性  男性
都道
府県
伝言
すべての欄にご記入ください。
送信ボタン押すと新ウインドウが開きます。
正常送信されますとご自分にも自動返信が届きます。
ご自分にメールが届かない時は館長にも届いておりませんので、もう一度お送りくださるようお願いいたします。
ブログパーツ