2015年02月17日(火曜日)

蒲田「信濃路」で朝酒 僕にピッタリのお店でした

スポンサーリンク

前略

当然、「信濃の国」を口ずさみながら行きましたよ!

の館長です。

信濃路
スポンサーリンク
スポンサーリンク




 蒲田「信濃路」にて
 朝酒でいい具合に堕落 の巻
 蒲田「信濃路」にて
 朝酒でいい具合に堕落 の巻
2月14日、蒲田にてカラオケ会が行われるということで、ちょっと早めに出かけ、以前から行きたかったお店で食事がてら飲むことにしました。

正確に言いますと、飲みがてら食事することにしました。


お店の名は「信濃路」。

その名前だけでも、僕は行かねばならない衝動にかられたのです。

正確に言いますと、行かねばならない運命に突き動かされたのです。

だって、信濃の国のにんげんだもの。


蒲田「信濃路」
蒲田に降り立ちました。

去年も来たけど、相変わらず遠い。 1年たっても遠い。

板橋→蒲田間のリニア計画ってのは無いものか……。

蒲田「信濃路」
東口から歩いて3分もしないところに見えてきました、我が「信濃路」。

我が?

蒲田「信濃路」
そこは、1歩入ると立ち食いそば屋。

しかし、5歩入ると居酒屋という、やや変わったお店。

でも、立ち食いそばも酒場もどっちも大好きな僕にはうってつけ!

蒲田「信濃路」
この、「いったい何を売りたいんだ?」と言いたくなるような猥雑さ加減がたまらなくいい!
蒲田「信濃路」
そば・うどんの安さをとにかくあちこちでアピールしてます。 事実、とても安い。
蒲田「信濃路」
アピールはそば・うどんだけじゃござんせん。

刺身だって煮物だって、何だって取り揃えているらしいのだ。

それが本当の話だってことは、のちのち分かることになるのであった。

蒲田「信濃路」
「今日は立ち食いに来たわけじゃないんだ。酒場に来たんだよ」ってことを知らしめるために、僕はずんずん奥に入っていきました。

そこはすっかり“酒場スペース”。 朝の9時から飲んでるというおっさんたちが盛り上がっています。

蒲田「信濃路」
カウンターの端には、いかにも酒場にいそうな吉田類チックなおじさんが、すでにいい “こんころもち” 。

僕は常連さんの聖域を侵さぬよう、素人として分相応に、それなりの距離をとってカウンターに座りました。

蒲田「信濃路」
僕の背後にはカップルシート。実際、さっきまでカップルがいた。

あれは昨日から一緒で、一夜を共にしたに違いない。

そういう輩には呑兵衛の聖域を侵してほしくないのだ。

チミら、“性域” だろっ!

蒲田「信濃路」
とにかくメニューが豊富。

本気で何でも「取り揃えて」いることに驚きました。

蒲田「信濃路」
「昭和四十七年創業」の張り紙に、お店のさりげない矜持がうかがえる。 とにかく、ホントにメニューが豊富すぎるんだってば。

これだと、おそらく、最初の頃に貼ったメニューのことは忘れてるんじゃなかろうか?

いや、何を貼ったかいちいち覚えていられないだろうから、「豚と鶏レバーの田舎風パテ 自家製ピクルスを添えて」を下さい! とか言ったら作ってくれる可能性大だ。

蒲田「信濃路」
丼とそば・うどんのセットもあるよ!

おでんだってあるよ!

蒲田「信濃路」
こちらがドリンクメニュー。

「青汁サワーホット」って、誰か頼んでみてほしい。

蒲田「信濃路」
僕はとりあえず瓶ビール(大)をいただきました。
蒲田「信濃路」
刺身などはガラスケースに。
蒲田「信濃路」
ちょっとした一品はカウンター上にもあります。
蒲田「信濃路」
そのカウンター上から「さば塩焼き」をいただきます。
蒲田「信濃路」
続いて「牛モツ煮込み豆腐」をいただきます。
蒲田「信濃路」
酎ハイに移行。

ちゃんとグラスやジョッキが凍らされ、キンキンに冷えているのがスゴいと思った。

失礼ながら、一見、そういうことに気を使うようなお店に見えなかったから。

これはきっと、ここの名物ママ・ふじこさんの心意気なんだね! 分かんないけど。

蒲田「信濃路」
「カレーデラックス」がどうしても気になった。

なんてったって「デラックス」なんだぜ?

そのわりに値段は450円とリラックス価格だ。

蒲田「信濃路」
この店で気をつけなければならないのは、椅子だ。

このように「可動式」の椅子もあれば……

蒲田「信濃路」
同じ顔してるくせに、このような「固定式」もある。

他の人が座ったまま椅子を動かしてるからといって、自分も同じ動作をすると恥をかくことになりかねない。僕はかいた。かいたともさ。

まずは、自分が座った椅子がどっちなのか、きちんと確認しておくことが肝要だ。


このことは「食べログ」にも書いてなかった。

食べログレビュアーは、ポエムみたいなことは書かなくていいから、こういう命に関わる大事なことを書いてください。

蒲田「信濃路」
名残惜しいけど、そろそろ〆の時間だ。

天玉そばをいただきます。

蒲田「信濃路」
ここでおそばにコシだのなんだのを求めるのは無粋というものだ。

黙ってすするのみ。

ほどよく緊張感が漂う店内に、ただひたすらそばをすする音のみが響く……。

それが “粋” ってもんじゃあないか。 分かんないけど。

かなり酔っぱらって満腹になって、お会計は1,950円でございました。

ごちそうさまでした。満足。


僕の需要にピッタリ合ったお店です。

だから近くにあったら僕は確実に廃人となることでしょう。

蒲田にあるくらいでちょうどよかったのかもしれません。

しれませんが、少し寂しい……。


……と思ってたら、鶯谷にもあるんですね、「信濃路」さんが!

同じ店なのかな? 鶯谷ならかなり近いぞ。


「食べログ」見たら、どうやら同じっぽい。おまけに鶯谷は24時間営業だって! さらに蒲田には無いホッピーがある! こりゃますます「Road to 廃人」だ!


これは行ってしまうな。行くべきではないのに、行ってしまうな。

しょうがないよね、信濃の国のにんげんだもの。

ひで爺
いや、“しょうがないにんげん” だもんね。


スポンサーリンク
投稿者:館長 | 蒲田「信濃路」で朝酒 僕にピッタリのお店でした
2015年02月17日(火曜日)
■コメントを投稿する | トラックバック (0) | EDIT


■コメントフォーム

蒲田「信濃路」で朝酒 僕にピッタリのお店でした
―― へのコメント。
コメントはこのブログではなくロビー(BBS)に投稿されます。
1回投稿するとコメント以外が60日間Cookieに保存されます。
保存はされますが見た目だけは各欄が空欄のままになります。
お名前のみが必須記入事項です。あとは空欄で構いません。
コメントに「http://」を書くと投稿不可です。(スパム防止)
コメントにURLを書く時は「http://」無しで書いてください。
※ メールアドレスは公表されませんのでご安心ください。

お名前
Mail
URL
都道府県
お手数かけますが、スパム防止策です。
○○の部分をひらがなで書いてください。
♪夕焼けこやけの○○とんぼ
コメント
※送信するとBBSページが開きます。


■この記事のトラックバックURL:



ご注意:トラックバックを送信してもすぐにはこの記事に反映されませんが、このページに反映されれば成功です。
■トラックバック
トゥイッター
(カッコよく言ってみました)
最近の人気記事TOP10
スポンサード・リンク

最近の記事じゃ
月別の記事じゃ
▼ クリックで開閉
▲ クリックで開閉
古山館
(館長の祖父の篆刻作品集)
古山館
ひで爺 心の詩
ひで爺 心の詩
※クリックで当該記事へ
私のお墓の前で
○○ないでください
伝言くん
館長へのメール
名前
Mail
性別 女性  男性
都道
府県
伝言
すべての欄にご記入ください。
送信ボタン押すと新ウインドウが開きます。
正常送信されますとご自分にも自動返信が届きます。
ご自分にメールが届かない時は館長にも届いておりませんので、もう一度お送りくださるようお願いいたします。
ブログパーツ