がらくたクリップ
2017年03月17日(金曜日)

島巡り★味巡りナイトで東京都の島々の魅力を堪能してきた

前略

とりあえず、東京都から出ない旅が続くよ!

の館長です。

島巡り★味巡りナイト

はるか遠く小笠原諸島まで行ったとしても東京都内の旅なのに、東京ディズニーランドに行くと東京都外の旅になるってのは妙なものです。

妙なものですが、去年に引き続き東京都内の “島旅” に出かけますので、その景気づけというか、はずみをつけるために、島関係のイベントに参加してきました。

去年のこのイベント→「島じまん2016 前夜祭」 の参加者の中から選ばれ、招待されたので、喜び勇んで行ってきたのです。


東京愛らんど×東京カルチャーカルチャー 島巡り★味巡りナイトに行ってきた


■ 島巡り★味巡りナイト 〜小笠原が渋谷にやってくる〜 東京カルチャーカルチャー

島巡り★味巡りナイト 〜小笠原が渋谷にやってくる〜 東京カルチャーカルチャーみなさん、東京には島があることをご存知ですか? もちろん、それくらい知ってるよ!伊豆七島と小笠原でしょ?! はぃ、だいたい当たってますが、全部で11島あります。
そんな、知っているようで知らない、 東京都の島々の魅力を、大都会「渋谷」で余すところなくお伝えします。 カルカルで、バーチャル島巡り!


島巡り★味巡りナイト
「東京カルチャーカルチャー」が知らないうちにお台場から渋谷に引っ越してた。

島巡り★味巡りナイト
略称「カルカル」。

なんか、最先端な人たちが最先端なイベントやってるってイメージだったから、僕なんぞが行っていいものか、ちょっと心配したよ。

島巡り★味巡りナイト
会場入るといきなりこれがあったもんだから、ニオった!

これは、新島の「ちぎりくさや」と神津島の「赤イカ入り塩辛」。

一緒に行った仲間は「お店の排水が壊れてるかと思ったー」とか失礼なこと言ってたよ!(笑)

島巡り★味巡りナイト
会場。

最先端な人たちが最先端な意識で集う会場といった感じだ。

島巡り★味巡りナイト
東京カルチャーカルチャーは、by ニフティ でございます。

「ネットとリアルをつなぐ場所」をコンセプトに、ニフティが2007年から直営している飲食店。

島巡り★味巡りナイト
バーカウンターがオサレ!

最先端な人たちが最先端なお酒を嗜むって感じだ。

島巡り★味巡りナイト
でも今日は島のお酒がメイン。

僕はこのほうがずっと嬉しいけど。

島巡り★味巡りナイト
今日は小笠原から海底熟成ラムがやってきた。
島巡り★味巡りナイト
その海底熟成ラム『Mother』の小冊子をいただいた。
戦前、サトウキビ栽培が盛んに行われていた小笠原では、当時からラムが作られ、小笠原のソウルスピリッツとして親しまれていました。
この「小笠原ラム」を、母島の海に沈めて海底熟成。小笠原が持つ「歴史」と、「母なる海」から生まれた、次世代に受け継いでいきたい、新しい東京のラムです。
海底で寝かされるため、短い熟成期間でも長期熟成と同様の効果があるという話でした。
島巡り★味巡りナイト
神津島産「ひとくち揚げ餅」
島巡り★味巡りナイト
三宅島産「牛乳せんべい」
島巡り★味巡りナイト
小笠原産「贅沢 島レモン」
島巡り★味巡りナイト
フライドポテトを、青ヶ島産の「ひんぎゃの塩」「鬼辛ケチャップ」「鬼辛マヨネーズ」で味わう。

僕はフライドポテトは苦手なんだけど、「鬼辛マヨネーズ」で食べたらすごくおいしくいただけました。

島巡り★味巡りナイト
これが青ヶ島産「鬼辛」
島巡り★味巡りナイト
新島産「ちぎりくさや」と神津島産「赤イカ入り塩辛」。
島巡り★味巡りナイト
伊豆諸島産の伊勢海老の磯味噌汁。
島巡り★味巡りナイト
のちほど、この味噌汁にそうめんを入れて〆としました。
島巡り★味巡りナイト
帽子のお方が本日の司会・プロデュースのテリー植田さん。(東京カルチャーカルチャー・プロデューサー)

とてもいい声(いわゆる “イケボ” )をしていてシビレたので、思わずツイートにも書きましたところ、

テリー植田さんのツイート
……と、無邪気に喜んでくださり、僕も無邪気に喜びました。

島巡り★味巡りナイト
まずは今日のタイムテーブルを紹介。
島巡り★味巡りナイト
以降、このようにそれぞれの島の紹介が上映されました。
島巡り★味巡りナイト
盛り上がっております。満員御礼。
島巡り★味巡りナイト
見回せば、やっぱりちょいとハイブラウな方々が多い印象で、僕は股間ともども小さくなっていました。
島巡り★味巡りナイト
こうして、試飲・試食したものの欄にシールを貼っていきます。

こういうものを手にするとコンプリートしたくなるのが人間のサガでしょうか。俄然やる気が出てきましたよ!

島巡り★味巡りナイト
あと、こんなビンゴゲームみたいなのも。

同じテーブルの人たちに協力してもらって、少しは欄を埋めたけど、他のテーブルまで出向いてサインをもらう勇気も社交性も無いので、成立しませんでした。

でも、かなりの人が完成させて賞品をもらっていたのにはビックリ。

みんなアクティブだなぁ〜。悪く言えば貪欲だなぁ〜。(悪く言うなや)

島巡り★味巡りナイト
小笠原のパッションフルーツ。
島巡り★味巡りナイト
中に海底熟成ラムを入れていただきます。いいお味!
島巡り★味巡りナイト
今日は「小笠原が渋谷にやってきた」も大事なテーマ。

そりゃあ行きたいのは山々なれど、遠いよなぁ〜。 いつかは行きたい。

島巡り★味巡りナイト
アンケートに答えて、帰りにこの「しまぽ」をもらいました。
この「しまぽ」を手に入れることで、まず、東京諸島11島をめぐるスタンプラリーヘ参加することができます。
島ごとに設定されたポイントを集めると、50P で記念品を贈呈、100Pでプレゼントが当たる抽選へ応募できます。(スタンプ押印場所はパスポート発行所と同様です)
さらに、パスポートの提示で島でのお得な特典やサービスを受けることもできます。

■ 東京島めぐりPASSPORT「しまぽ」の公式WEBサイト

島巡り★味巡りナイト
今日の参加者にはもれなく5ポイントがついてきた。

これから大島に行けば10Pがもらえて合計15Pだ。

だがしかし、100Pはおろか50Pだって集まる気がしない。まったくしない。

島巡り★味巡りナイト
さらに帰りに、タカラCANチューハイ直搾りの「小笠原パッションフルーツ」をいただいた。

小笠原に行った気になって飲んでみます。ありがとうございます!

島巡り★味巡りナイト
島巡り★味巡りナイト
「しまぽ」を模したポストイットもいただいた。

何から何まで申し訳ございません。

島巡り★味巡りナイト
島巡り★味巡りナイト
「東京愛らんど」小冊子で島々に思いを馳せる。


やっぱり遠いなぁ、父島。 25時間30分だって。

どこか近くに「義理の父島」でもないものか?
こうなりゃ義理でもいい。


母島なんてまたそこから2時間かかるし。

どこか近くに「継母島(ままははじま)」でもないものか?
こうなりゃ血の繋がりなんてなくていい。

ひで爺
もう来なくていいから。(小笠原村観光局)


投稿者:館長 | 島巡り★味巡りナイトで東京都の島々の魅力を堪能してきた
2017年03月17日(金曜日)
■コメントを投稿する | トラックバック (0) | EDIT



■コメントフォーム

島巡り★味巡りナイトで東京都の島々の魅力を堪能してきた
―― へのコメント。
コメントはこのブログではなくロビー(BBS)に投稿されます。
1回投稿するとコメント以外が60日間Cookieに保存されます。
保存はされますが見た目だけは各欄が空欄のままになります。
お名前のみが必須記入事項です。あとは空欄で構いません。
コメントに「http://」を書くと投稿不可です。(スパム防止)
コメントにURLを書く時は「http://」無しで書いてください。
※ メールアドレスは公表されませんのでご安心ください。

お名前
Mail
URL
都道府県
お手数かけますが、スパム防止策です。
○○の部分をひらがなで書いてください。
♪夕焼けこやけの○○とんぼ
コメント
※送信するとBBSページが開きます。


■この記事のトラックバックURL:



ご注意:トラックバックを送信してもすぐにはこの記事に反映されませんが、このページに反映されれば成功です。
■トラックバック
トゥイッター
(カッコよく言ってみました)
最近の人気記事
人気記事BEST20
スポンサード・リンク

最近の記事じゃ
月別の記事じゃ
▼ クリックで開閉
▲ クリックで開閉
がらくたクリップ更新情報
古山館
(館長の祖父の篆刻作品集)
古山館
ひで爺 心の詩
ひで爺 心の詩
※クリックで当該記事へ
私のお墓の前で
○○ないでください
伝言くん
館長へのメール
名前
Mail
性別 女性  男性
都道
府県
伝言
すべての欄にご記入ください。
送信ボタン押すと新ウインドウが開きます。
正常送信されますとご自分にも自動返信が届きます。
ご自分にメールが届かない時は館長にも届いておりませんので、もう一度お送りくださるようお願いいたします。
ブログパーツ