2013年08月15日(木曜日)

猫の常連さん。/ 常連になると常連をやめたくなる話。

スポンサーリンク

前略

常連戦隊・ジョーレンジャー! の館長です。

常連さん
スポンサーリンク
スポンサーリンク
僕が最近よく行く飲み屋には、いつも早々に赤くなっている「ジョーレンレッド」と、いつも顔色が悪い「ジョーレンブルー」、やや黄疸ぎみの「ジョーレンイエロー」がいます。

僕はといえば、いつも黒ずくめの格好なので、「ジョーレンブラック」になろうかというところですが、それは避けたいのです。


多くの人は、お店の常連になり、お店から常連として扱われることを望むと思います。

足繁く通っているのに、いつまでたっても常連扱いされなかったら、気分を害する人のほうが多いのではないでしょうか?


でも、僕はイヤなのです。常連扱いされるのが。

せっかく気に入ったお店ができて、何度か通っているところに、

「いつもありがとうございます」
とか、
「毎度ありがとうございます」

などと言われると、

「げっ! 僕がしょっちゅう来てること、バレてた!」

と思って、とたんに行きづらくなってしまうのです。


いえ、もちろん、お店の人が「いつも」と言ってくださるのは、いつも来てくれる客に対してのホスピタリティだってことは理解しています。(ホスピタリティで良かったっけ? ホモサピエンスだっけ?)

でも僕にとっては、「常連」という立場は荷が重く、息苦しいのです。


常連になると、お店に対して多少のワガママを言ったり、「特別」を求めたりする人がいますが、僕はむしろ逆で、お店に遠慮したり、他の客に気を使ったりしてしまう小心者。

ですから、頻繁に来てることを気づかれぬよう、目立たぬよう、ひっそりと過ごしているのです。


まぁ、これもお店にとっては迷惑な客ですよね。

良かれと思ってしてることを嫌がるなんて……。

お店としては、そこまで一人ひとりに合わせた対応などできるはずがありません。

僕のような客は切り捨てていいと思っています。

いつか、「常連」という“武器”を自然に使えるような常連になれることを目指して、今は日陰の身としてお店の片隅でホッピーをすすります。 見つけないでください。 見つけてもそっとしといてください。





やっぱり猫が好きやっぱり猫が好き
さて、ところで、ここで猫の常連さんをご紹介します。

イメージ
「つまみはいつものカルカンのカリカリ」


イメージ
「今日は混み合ってる…」


イメージ
お客さん、閉店ですよー。

ひで爺
一番イヤな客は、帰らない客。

スポンサーリンク
投稿者:館長 | 猫の常連さん。/ 常連になると常連をやめたくなる話。
2013年08月15日(木曜日)
■コメントを投稿する | トラックバック (0) | EDIT


■コメントフォーム

猫の常連さん。/ 常連になると常連をやめたくなる話。
―― へのコメント。
コメントはこのブログではなくロビー(BBS)に投稿されます。
1回投稿するとコメント以外が60日間Cookieに保存されます。
保存はされますが見た目だけは各欄が空欄のままになります。
お名前のみが必須記入事項です。あとは空欄で構いません。
コメントに「http://」を書くと投稿不可です。(スパム防止)
コメントにURLを書く時は「http://」無しで書いてください。
※ メールアドレスは公表されませんのでご安心ください。

お名前
Mail
URL
都道府県
お手数かけますが、スパム防止策です。
○○の部分をひらがなで書いてください。
♪夕焼けこやけの○○とんぼ
コメント
※送信するとBBSページが開きます。


■この記事のトラックバックURL:



ご注意:トラックバックを送信してもすぐにはこの記事に反映されませんが、このページに反映されれば成功です。
■トラックバック
トゥイッター
(カッコよく言ってみました)
最近の人気記事TOP10
スポンサード・リンク

最近の記事じゃ
月別の記事じゃ
▼ クリックで開閉
▲ クリックで開閉
古山館
(館長の祖父の篆刻作品集)
古山館
ひで爺 心の詩
ひで爺 心の詩
※クリックで当該記事へ
私のお墓の前で
○○ないでください
伝言くん
館長へのメール
名前
Mail
性別 女性  男性
都道
府県
伝言
すべての欄にご記入ください。
送信ボタン押すと新ウインドウが開きます。
正常送信されますとご自分にも自動返信が届きます。
ご自分にメールが届かない時は館長にも届いておりませんので、もう一度お送りくださるようお願いいたします。
ブログパーツ