がらくたクリップ
2016年09月14日(水曜日)

【えだまめ栽培記】枝豆の栽培キットを貰ったので丹精込めて育てたよ

前略

どうやら、酒のつまみは “育てる” 時代になったようだね!

の館長です。

えだまめ栽培記

呑兵衛の中にも凝り性&器用な人ってのはいるもので、店で美味しいと思ったつまみを、今度は自分で見事に再現して “家飲み” を楽しむ、なんてことをやってのける。

僕は面倒くさがりなのでそういう呑兵衛のことは尊敬しちゃう。

それにそういう人は女の子ウケもいい。

家飲みにも誘いやすいし。

「うちで飲み直すかー」なんて流れになって、女の子には「いいよ、いいよ、座ってて」なんて言って、ササッと一品作って出しちゃう――。

当然、女の子の目はハートさ。(←古典的表現)


でもでも、でも……。

それで女の子の気を引ける時代はもう終焉を迎えるのだ!

これからは、つまみは自分で育ててこそ、の時代なのだ!

 

枝豆の栽培キットを貰ったので、それをつまみにビールを飲む日を夢見て育てたよ


実はこの栽培キット、投扇興仲間でありカラオケ仲間であり「インスタントラーメンは店のラーメンを再現しなくていい」仲間でもあり、「インドなう」でおなじみの どばっち から賞品としていただいたのです。

どばっち、どうもありがとう!


(※すべての写真はクリックで拡大します)
(※中には拡大しないものもあります)
(※少なくともクリックで縮小するようなことはありません。当然だよっ)

【えだまめ栽培記】枝豆の栽培キットを育ててみた
これが枝豆栽培キット。

【えだまめ栽培記】枝豆の栽培キットを育ててみた
「おつまみ小ザル付き」だ。 ウッキー!!(サル違い)
【えだまめ栽培記】枝豆の栽培キットを育ててみた
「栽培する楽しみと喜びをぜひご家庭でおためしください」という文言は素晴らしい。

なぜならそこには「収穫」の文字はいっさい無いからだ。


「必ずえだまめが収穫できる事を保証するものではありません」と続くように、僕は前にもこうした栽培モノを育てたことがありますけど、収穫には至らずに終わっています。

なので、「栽培する楽しみ・喜び」はこの商品で試せるけど、「収穫」までは保証しないよ、というエクスキューズは危機管理がしっかりしとる。


過去の失敗から、僕は今回は期待するのはやめておきました。

「せっかく貰ったんだから、やるだけやってみよう」という程度の気構えで臨むことにしたのです。

【えだまめ栽培記】枝豆の栽培キットを育ててみた
これが「おつまみ小ザル」だよ! ウッキー!!(だからサルちが)
【えだまめ栽培記】枝豆の栽培キットを育ててみた
【えだまめ栽培記】枝豆の栽培キットを育ててみた
これがセット内容だよ。
【えだまめ栽培記】枝豆の栽培キットを育ててみた
これが栽培手順だ。

忠実にこれを守ったよ。

えだまめ栽培記 6月30日

【えだまめ栽培記】枝豆の栽培キットを育ててみた
【えだまめ栽培記】枝豆の栽培キットを育ててみた
蒔いてすぐに芽が出てきたよ! 嬉しいね!

えだまめ栽培記 7月1日

【えだまめ栽培記】枝豆の栽培キットを育ててみた
翌日にはもうこんなに伸びてきたよ。スゴい生命力だね。 この死にかけオヤジに分けとくれ。

えだまめ栽培記 7月2日

【えだまめ栽培記】枝豆の栽培キットを育ててみた
【えだまめ栽培記】枝豆の栽培キットを育ててみた
そのまた次の日にはもう添え木が必要になるほど伸びたよ。

えだまめ栽培記 7月3日

【えだまめ栽培記】枝豆の栽培キットを育ててみた
1本だけ特に伸びまくっている。

こっちに向かって何かを主張しているようだ。

【えだまめ栽培記】枝豆の栽培キットを育ててみた
対して、他の2本はちょっと元気がない。 このまま終わらぬよう、ここから要注意だ。

えだまめ栽培記 7月5日

【えだまめ栽培記】枝豆の栽培キットを育ててみた
1本の伸びっぷりが凄まじい。もうこんな添え木では間に合わない。
【えだまめ栽培記】枝豆の栽培キットを育ててみた
他の2本もそれなりには伸びてくれている。 がんばれ。僕もがんばる。

えだまめ栽培記 7月6日

【えだまめ栽培記】枝豆の栽培キットを育ててみた
説明書にもあったので、植えかえることにする。

猫の額ほどの庭に出て、専用スペースを作ってあげる。

【えだまめ栽培記】枝豆の栽培キットを育ててみた
左が最も伸びた1号。 順に2号、3号。

3号にはもうほとんど望みはないのだけれど、このまま一緒にいさせることにした。

 

ジャーン! そしていきなり収穫だよ!

えだまめ栽培記 8月24日

【えだまめ栽培記】枝豆の栽培キットを育ててみた
けっこうちゃんと実がなったよ!
【えだまめ栽培記】枝豆の栽培キットを育ててみた
結果的には2号がいちばん実をつけたようです。
【えだまめ栽培記】枝豆の栽培キットを育ててみた
1号の勇姿。
【えだまめ栽培記】枝豆の栽培キットを育ててみた
2号の勇姿。
【えだまめ栽培記】枝豆の栽培キットを育ててみた
夢の「収穫」です。 やったー!!
【えだまめ栽培記】枝豆の栽培キットを育ててみた
さっそくキッチンへ。
【えだまめ栽培記】枝豆の栽培キットを育ててみた
茹で上がったよ!!
【えだまめ栽培記】枝豆の栽培キットを育ててみた
そのグリーンとうぶ毛がとてもステキだよ!

いっぱしの「おつまみ」じゃないっすか!

【えだまめ栽培記】枝豆の栽培キットを育ててみた
ひと粒ひと粒はちょっと小さめだけど、味はきっちりトレビア〜ン!
【えだまめ栽培記】枝豆の栽培キットを育ててみた
さあ、念願のビールのお供だ!
【えだまめ栽培記】枝豆の栽培キットを育ててみた
こんな日がくるなんて、夢のようでしょ? 夢のようだね! 夢じゃないさ!!


大満足でした!

ありがとう、どばっち!

そして、スペシャルサンクス・マイおかん、だ。

僕ひとりでは育てられなかったと思う。


僕と一緒にこの栽培キットを賞品として貰った大先生がいるんだけど、風のウワサでは、見事に枯らして猫のオモチャにしてしまったと聞く……。

育てるってことは、ほんと難しいものなんだなぁ……と、つくづく思った。

さてところで……。

ホリエモンこと堀江貴文氏がこれとまったく同じ「えだまめ栽培キット」に言及している記事がありました。

ところが、商品名が「おーいい枝豆栽培」なんてことになっているのだ!


(「おーいい」はホリエモンが書いたわけじゃないけどね)


これ、きっとこの文字、

イメージ

「おいしい えだまめ!!」の「おいしい」が「おいーい」って、伸ばし棒に見えたんだね!


でもさ、そうだとしても、「おいーい」であって、「おーいい」じゃないのさ。


これを書いた人、いろいろと “空目” しちゃって、「おー! 良い」って意味で「おーいい」に落ち着いたんじゃないかと、勘ぐっちゃうね。


でもそのとおり! ほんとに「おーいい」だったよ!

その意味では、商品名に偽りなし、ってとこだ!

商品名じゃないけど。断じてないけど。


栽培する楽しみと、あわよくば収穫する喜び、そしてなにより、命を育てあげ結果としてそれをつまみに飲むという、壮大でいて些末なロマン――。

それがこの栽培キットにはあるのです。

お茶の間の皆さんも、ぜひ一度、試してみてください!


ひで爺
合言葉は、「おーいい」!!

スポンサーリンク

投稿者:館長 | 【えだまめ栽培記】枝豆の栽培キットを貰ったので丹精込めて育てたよ
2016年09月14日(水曜日)
■コメントを投稿する | トラックバック (0) | EDIT


■コメントフォーム

【えだまめ栽培記】枝豆の栽培キットを貰ったので丹精込めて育てたよ
―― へのコメント。
コメントはこのブログではなくロビー(BBS)に投稿されます。
1回投稿するとコメント以外が60日間Cookieに保存されます。
保存はされますが見た目だけは各欄が空欄のままになります。
お名前のみが必須記入事項です。あとは空欄で構いません。
コメントに「http://」を書くと投稿不可です。(スパム防止)
コメントにURLを書く時は「http://」無しで書いてください。
※ メールアドレスは公表されませんのでご安心ください。

お名前
Mail
URL
都道府県
お手数かけますが、スパム防止策です。
○○の部分をひらがなで書いてください。
♪夕焼けこやけの○○とんぼ
コメント
※送信するとBBSページが開きます。


■この記事のトラックバックURL:



ご注意:トラックバックを送信してもすぐにはこの記事に反映されませんが、このページに反映されれば成功です。
■トラックバック
トゥイッター
(カッコよく言ってみました)
最近の人気記事TOP10
1ヶ月の人気記事TOP20
スポンサード・リンク

最近の記事じゃ
月別の記事じゃ
▼ クリックで開閉
▲ クリックで開閉
古山館
(館長の祖父の篆刻作品集)
古山館
ひで爺 心の詩
ひで爺 心の詩
※クリックで当該記事へ
私のお墓の前で
○○ないでください
伝言くん
館長へのメール
名前
Mail
性別 女性  男性
都道
府県
伝言
すべての欄にご記入ください。
送信ボタン押すと新ウインドウが開きます。
正常送信されますとご自分にも自動返信が届きます。
ご自分にメールが届かない時は館長にも届いておりませんので、もう一度お送りくださるようお願いいたします。
ブログパーツ