2008年10月03日(金曜日)

清原引退。 記憶に残る名シーンとなぜか笑える「とんぼ」シーン。

スポンサーリンク

前略

栄光と挫折の番長は去り、挫折のみの館長は残りましたよ。

の館長です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


■ さらば清原 栄光と挫折の23年間にピリオド
さらば清原

ファンを魅了し続けた選手がまた1人、ユニホームを脱いだ。
オリックスの清原和博内野手が1日、京セラドーム大阪でのソフトバンク最終戦に4番・指名打者で出場、六回に適時二塁打を放ち、有終の美を飾った。
大阪・PL学園高時代には桑田真澄氏との「KKコンビ」で甲子園を熱狂させ、プロ入り後も数々の名シーンを残した強打者が、プロ23年目、地元大阪で最後の試合を終えた。
※→キャプチャ


また一つの時代が終わった。(このセリフは今回、日本中でおそらく100万回以上使われています)

でも、本当にそんな思いがしてしまいます。

僕だって、清原とともに甲子園を目指し(てない)、
清原・館長で「KKコンビ」と呼ばれ(てない)、
清原とともに長嶋さんの胸に飛び込んで(ない)、
ここまでやってきたんですから、それはそれは、感無量であります。

 

【僕の記憶に強く残る、清原シーン】

西武に1位指名されたPL学園の清原
巨人にふられ、西武に1位指名されたPL学園の清原
(1985年11月20日)



忘れもしません。
大人の世界の汚さに、清原と一緒になって涙しました。

救いは、清原のお母さんの言葉、

「あんたが勝手に惚れて、勝手に振られたんやないの。
 男らしく諦めなさい。男なら見返してやりなさい。
 泣いてる暇なんてないはずやで!」

……僕と清原が、一緒になって巨人を見返す旅が、このとき始まりました。

 

プロ入り第1号ホームラン

南海戦で左中間にプロ入り第1号ホームランを放ち、ジャンプして喜ぶ西武・清原
(1986年4月5日)



忘れもしません。
「僕はプロでやっていけるだろうか…?」
そんな不安が、期待へと変わったのがこのジャンプの高さに表れていました。
このとき僕は、清原よりも5センチほど高くジャンプして喜んだのを覚えています。
 

桑田からホームランを放つ西武・清原

巨人・桑田からホームランを放つ西武・清原
(1987年7月29日)



忘れもしません。
盟友、桑田からの一発。
桑田を倒すためのホームランではありません。
桑田に報いるためのホームランでもあったのです。
でも、桑田にしたら打たれたくないに決まってます。
僕と桑田の不仲説は、このときから始まりました。
 

日本シリーズで日本一を手中にし感無量の清原
日本シリーズで日本一に王手をかけた6戦目、3対1とリードし、あとアウトひとつで優勝という場面で感極まって一塁守備上で大粒の涙を流す清原とそれを思いやる辻。
(1987年11月)



忘れもしません。
この場面でもらい泣きしなかった野球ファンがいたでしょうか。
清原の涙のワケは十分に理解できました。
観戦していた僕らみな、心の中で辻選手になっていました。

のちに清原はこのときのことを振り返り、

「幼い頃から王さんに憧れて野球をやり、
それで王さんに要らないと言われて西武のユニフォームを着た。
その王さんが敗北を意識したように天を仰いだんだもん。
あの時、今まで忘れていたものがこみ上げてきましたわ。
涙を隠したくはありませんでした」

……と。

これを聞いたとき、僕はもう一度泣きました。

 


そんなこんなで、涙なくしては語れない清原選手の野球人生ですが、最後の最後で、ちょっと笑いを禁じ得ないシーンを見せてくれました。

笑うようなシーンじゃないはずなんだけど、写真見るとなんか笑えちゃうんで困ります。


引退セレモニーで、清原の打席テーマ曲「とんぼ」を歌う長渕剛。


【表】
「とんぼ」を歌う長渕剛

 

【裏】
「とんぼ」を歌う長渕剛
 

【はい、交代!】
「とんぼ」を歌う長渕剛


ひで爺
ああ 幸せのとんぼが ほら 舌を出して 笑ってらあ


スポンサーリンク
投稿者:館長 | 清原引退。 記憶に残る名シーンとなぜか笑える「とんぼ」シーン。
2008年10月03日(金曜日)
■コメントを投稿する | トラックバック (0) | EDIT


■コメントフォーム

清原引退。 記憶に残る名シーンとなぜか笑える「とんぼ」シーン。
―― へのコメント。
コメントはこのブログではなくロビー(BBS)に投稿されます。
1回投稿するとコメント以外が60日間Cookieに保存されます。
保存はされますが見た目だけは各欄が空欄のままになります。
お名前のみが必須記入事項です。あとは空欄で構いません。
コメントに「http://」を書くと投稿不可です。(スパム防止)
コメントにURLを書く時は「http://」無しで書いてください。
※ メールアドレスは公表されませんのでご安心ください。

お名前
Mail
URL
都道府県
お手数かけますが、スパム防止策です。
○○の部分をひらがなで書いてください。
♪夕焼けこやけの○○とんぼ
コメント
※送信するとBBSページが開きます。


■この記事のトラックバックURL:



ご注意:トラックバックを送信してもすぐにはこの記事に反映されませんが、このページに反映されれば成功です。
■トラックバック
トゥイッター
(カッコよく言ってみました)
最近の人気記事TOP10
スポンサード・リンク

最近の記事じゃ
月別の記事じゃ
▼ クリックで開閉
▲ クリックで開閉
古山館
(館長の祖父の篆刻作品集)
古山館
ひで爺 心の詩
ひで爺 心の詩
※クリックで当該記事へ
私のお墓の前で
○○ないでください
伝言くん
館長へのメール
名前
Mail
性別 女性  男性
都道
府県
伝言
すべての欄にご記入ください。
送信ボタン押すと新ウインドウが開きます。
正常送信されますとご自分にも自動返信が届きます。
ご自分にメールが届かない時は館長にも届いておりませんので、もう一度お送りくださるようお願いいたします。
ブログパーツ