がらくたクリップ
2011年01月02日(日曜日)

年末年始だけはテレビ三昧。 例えば紅白とドリームマッチ2011なんかはどうでした?

スポンサーリンク

謹賀新年でございます。

とりあえず「I want you〜♪」ならぬ「I 喪中〜♪」ということで、盛大な新年のご挨拶は控えさせていただいておるところですが、今年も皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

さて…。

年末年始ぐらいはテレビ観ながら酒を飲んでぐうたらしたいところです。

ま、お酒とぐうたらは年がら年中なんですけどね…。


大晦日は結構しっかりと紅白歌合戦を観ました。

ヤングの頃は、
「紅白なんてダセェよ。 オレは裏番組を観るゼ」
なんて言って、理由なき反抗をしたものですが、やはりこの年になりますと、身体が自然と紅白を求めるようになってくるんですねぇ。


紅白でなんといっても嬉しかったのは、熊倉一雄のゲゲゲの鬼太郎を生で聴けたことと、桑田佳祐の復帰でした。

「ゲゲゲの鬼太郎」なんて、物心ついたときには熊倉さんの主題歌だったんですが、その後、吉幾三に変わっちゃって大ショックを受けたものです。
(吉幾三がイヤだというわけではありません。この歌はどうしても熊倉さんなのです。 逆に新日本ハウスの歌はやはり絶対に吉幾三じゃないといけませんし…)

アニメ主題歌としては長年聴いてきたゲゲゲでも、生で聴いたことは一度もありませんでした。

だから今回の生歌はもう嬉しくて嬉しくて…。

ふんと、生きてて良かった!
(僕も熊倉さんも)


あと、桑田さんの復帰。

過去に紅白を追い出されたのに、復帰が紅白というのも因縁めいたものを感じました。

この日の桑田さん、僕にはいつもより艶っぽく見えました。


小林幸子は、前回の「メガ幸子」がインパクト強すぎたので、今回の巨大鶴くらいでは超越できないツラさがありますねぇ。

こうなったら「幸子」を年々大きくしていくしかないでしょう。


ところで、ファンの方には申し訳ないのですが、僕は flumpool というバンドを知りませんでした。

今回初めて観たのですが、ボーカルの人、「ハリセンボン」の箕輪はるかに似てませんか?
(写真 左列上から3つ目)

…なんてことを言うとファンには絶対に怒られるでしょうが、そう言ったのは僕じゃなくて隣の商店のおじさんなので、文句はそっちに言ってくださいませ。


さて……。

新年は恒例のドリームマッチ2011を観ました。

僕がいちばん笑ったのは写真左下のバナナマン設楽&キングオブコメディ高橋のコンビでした。

設楽の、相方に対するいじり方というか、もてあそび方ってお見事ですよねぇ…。

優勝は写真右下のサンドウィッチマン富澤&フットボールアワー後藤コンビとなりましたが、これもとても面白く、納得の優勝。 唯一の漫才としても貴重かと。


そんなこんなで、テレビ観てお酒飲んでばかりの正月を過ごしておりますが、今年こそはお酒も遊びも控え目にして、学問に勤しんだり(心の中で)、スポーツに熱中したり(心の中で)して、有意義な年にしたいと思っております。

今年もどうぞよろしくお願い致します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク
投稿者:館長iPhoneより | 年末年始だけはテレビ三昧。 例えば紅白とドリームマッチ2011なんかはどうでした?
2011年01月02日(日曜日)
■コメントを投稿する | トラックバック (0) | EDIT


■コメントフォーム

年末年始だけはテレビ三昧。 例えば紅白とドリームマッチ2011なんかはどうでした?
―― へのコメント。
コメントはこのブログではなくロビー(BBS)に投稿されます。
1回投稿するとコメント以外が60日間Cookieに保存されます。
保存はされますが見た目だけは各欄が空欄のままになります。
お名前のみが必須記入事項です。あとは空欄で構いません。
コメントに「http://」を書くと投稿不可です。(スパム防止)
コメントにURLを書く時は「http://」無しで書いてください。
※ メールアドレスは公表されませんのでご安心ください。

お名前
Mail
URL
都道府県
お手数かけますが、スパム防止策です。
○○の部分をひらがなで書いてください。
♪夕焼けこやけの○○とんぼ
コメント
※送信するとBBSページが開きます。


■この記事のトラックバックURL:



ご注意:トラックバックを送信してもすぐにはこの記事に反映されませんが、このページに反映されれば成功です。
■トラックバック
トゥイッター
(カッコよく言ってみました)
最近の人気記事TOP10
1ヶ月の人気記事TOP20
スポンサード・リンク

最近の記事じゃ
月別の記事じゃ
▼ クリックで開閉
▲ クリックで開閉
古山館
(館長の祖父の篆刻作品集)
古山館
ひで爺 心の詩
ひで爺 心の詩
※クリックで当該記事へ
私のお墓の前で
○○ないでください
伝言くん
館長へのメール
名前
Mail
性別 女性  男性
都道
府県
伝言
すべての欄にご記入ください。
送信ボタン押すと新ウインドウが開きます。
正常送信されますとご自分にも自動返信が届きます。
ご自分にメールが届かない時は館長にも届いておりませんので、もう一度お送りくださるようお願いいたします。
ブログパーツ